検索メニュー

  • feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社オプト
2015/05/07

オプト、データフィード運用プラットフォーム『D-Freed』の提供を開始

~ データフィード運用のハードルを下げることで、「クリエイティブ/ ロジックの最適化」まで含めた効果の最大化を図ることが可能に ~

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、レコメンドリターゲティング広告をはじめとする、データフィード商材の運用最適化を目的としたサービスを開始いたしました。
                                 
■背景・目的
現在では、ディスプレイ領域のレコメンドリターゲティング広告だけでなく、サーチ領域をはじめとした様々な領域でデータフィードを用いた広告の市場規模が拡大しています。
 
これまでのデータフィード広告では多くの場合、コスト・リソース削減等の便宜上、広告主側のデータベース情報、いわゆる商品詳細ページに書かれた文面のコピーがそのまま広告として利用されていました。
しかしデータフィードを広告クリエイティブとして考えた場合、データフィードの最適化やABテストを行うことは広告効果の最大化において重要です。
 
アドテクノロジー分野に兼ねてから注力しているオプトとしては、データフィード広告において更なる強みを構築し、企業の広告効果の最大化を図るために本サービスをリリースいたしました。
 

201505071039_1-300x0.png

■D-Freedの特徴
本サービスのメリットは大きく下記3点です。
・データフィード生成の手間を大幅に軽減させる
・複数媒体のデータフィードを一括管理
・媒体ごとのデータフィード最適化や作成したクリエイティブのABテストの実施
 201505071039_2-400x0.png

本サービスでは企業の商品データを元にした広告配信メディア毎のデータフィードの作成や、効果改善を目指したデータの編集・加工が可能です。それらはオプトが管理画面上で対応できるため、データフィード運用のスピード向上/費用の削減が可能であり、これまで施策ハードルが高かった「クリエイティブ/ロジックの最適化」まで含めた効果の最大化を図ることができます。
本サービスはCRITEO株式会社のパフォーマンスディスプレイ広告やグーグル株式会社のGoogle ショッピングなど合計26媒体に対応しており、国内最多(※)の接続媒体数を誇ります。
※ 2015年5月7日時点 当社調べ
 
施策例1:クリエイティブの表示テキスト変更によるCTR向上施策
アイテム毎の特徴に応じて、クリエイティブ表示の様々な条件設定が可能。
201505071039_3-600x0.png

施策例2:入札カテゴリの細分化による入札の最適化施策
販売を強化したいアイテムやキャンペーンを設定、入札を行うことでより適正な価格での入札が可能。
 201505071039_4-600x0.png
 
■今後の目標
今後も、対応媒体(レコンドリターゲティング広告やアファリエイト広告、価格比較サイト)の更なる拡大や、商品単位での広告効果測定といったD-Freedの機能拡大を図り、データフィード運用による更なる広告効果の最大化を目指してまいります。
 
 

以上

■本件に関するお問い合わせ
株式会社オプト 坪田
e-mail)sas@mg.opt.ne.jp

■報道に関するお問い合わせ
株式会社オプト 広報担当 田中        
e-mail)info@mg.opt.ne.jp

【株式会社オプトについて】
オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。
「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。

【会社概要】
設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億 (2015 年 4 月 1 日現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:e マーケティング事業
URL:http://www.opt.ne.jp/