検索メニュー

株式会社オプト
2015/02/04

オプト、「動画視聴行動調査2015」を実施

~ 動画サイトで「ミュージックビデオ」を見る人、動画広告を「最後まで見たことがある」人が昨年に比べ増加。動画広告を「毎回スキップしている」人は10ポイント減少 ~

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、15~69歳の男女1200人を対象に、「動画視聴行動」に関するアンケート調査を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。
 

《トピックス》
1 年末年始の動画視聴行動
  • この年末年始に動画サイトで視聴した動画の分野:トップは「ミュージックビデオ」(44%)、昨年同時期より12ポイント増加
  • 「面白動画」「お笑い」(各23%)もそれぞれ昨年より3~4ポイント増加
  • テレビを見ながら情報端末を利用する<ながら視聴>は61%が実施
  • <ながら視聴>行動の中心は『検索・ニュース閲読』と『メール・SNS』
 
2 動画広告の視聴
  • 動画広告を「最後まで見たことがある」人は30%、昨年より9ポイント増
  • 動画広告を「毎回スキップしている」人は10ポイント減少
  • 「TVCMでは見られない面白いものが流れるので積極的に視聴したい」「ついつい見てしまう」「TVCMより面白いと思う」が昨年より増加
 
 

 
調査の背景と目的
 「ユーチューバー」などの話題をはじめ、人々のオンライン上の動画視聴・利用行動は急速に拡大しており、動画の伝達力・表現力を活用したビジネスも広がっています。こうした状況の下、テレビ視聴も含めた動画視聴の「現在」を把握することを目的に、年末年始における人々の活発な動画視聴行動について、昨年に引き続き調査しました。
 
結果概要
1 年末年始の動画視聴行動
~昨年に比べ「ミュージックビデオ」の視聴が増加~
 この年末年始に動画サイトで動画を視聴した人に、その内容をあげてもらった。トップは「ミュージックビデオ」(44%)で、昨年同時期より12ポイント増加した。次いで、「面白動画」「お笑い」(各23%)がそれぞれ昨年より3~4ポイント増加している。
 一方、「ニュース」(16%)、「話題の動画」(15%)は昨年より各5ポイントの減少となっている。
 
<動画サイトでみた動画の種類>
Q 年末年始に動画サイトで視聴した動画の内容について、あてはまるものを全てお知らせください。(いくつでも)
201502041253_3.png
~利用動画サイトは「YouTube」「ニコニコ動画」「FC2動画」「Gyao!」「Dailymotion」~
 年末年始に利用した動画サイトは、「YouTube」が86%でトップ。2位は「ニコニコ動画」(39%)となっている。以下は、「FC2動画」(15%)、「Gyao!」(14%)、「Dailymotion」(12%)が続いている。
 
<動画サイトでみた動画の種類>
Q あなたが年末年始に利用した動画視聴サイト・アプリを全てお知らせください。(いくつでも)
201502041129_10.png
~テレビを見ながら情報端末を利用する「ながら視聴」は61%が実施~
 テレビ視聴時にパソコンやスマホなどの情報端末を利用している状況を「ながら視聴」とすると、年末年始に「ながら視聴をした」人は61%で、昨年同時期に比べ5ポイント増加した。
 テレビを見ながら利用していた情報端末は、「ノート型パソコン」56%と「スマートフォン」44%が多くなっている。
 
<情報端末とテレビの「ながら視聴」>
Q 「テレビとパソコン」、「ラジオと新聞」など同時に複数のメディアを利用することを一般的に「ながら視聴」といいます。このアンケートでは「ながら視聴」を、テレビ視聴時にパソコンやスマホなどの情報端末を利用している状況としてお伺いします。あなたは年末年始に「ながら視聴」をしましたか。
Q 年末年始に「ながら視聴」をした時のテレビ以外の機器はなんですか。あてはまるものを全てお知らせください。(いくつでも)
201502041129_11.png
 
 ~「ながら視聴」行動は『検索・ニュース閲読』と『メール・SNS』~
 テレビを見ながら情報端末でしていたことは、「ノート型パソコン」では「メールしながら」(18%)がトップのほか、「テレビ番組に関連しない内容を検索しながら」(16%)、「ニュースを読みながら」(14%)、「テレビ番組に関連した内容を検索しながら」(9%)などが上位である。
一方、「スマートフォン」でしていたことは「LINEをしながら」(25%)、「Twitterをしながら」(18%)、「ゲームをしながら」(16%)、「メールをしながら」(15%)が多くなっている。
 
<テレビを「ながら視聴」している時の情報行動>
Q 年末年始に「ながら視聴」をしている時どのようなことをしていましたか。それぞれの機器別にあてはまるものを全てお知らせください。(それぞれ、いくつでも)
201502041129_12.png
 

 
2 動画広告の視聴行動
~動画広告を「最後まで見たことがある」は30%、昨年同時期より9ポイント増~
 YouTubeで流れる動画広告を「最後まで見たことがある」人は30%で、昨年同時期より9ポイント増加した。また、これに「最後までは見たことがないが、動画広告は見たことがある」47%を加えた動画広告視聴経験者(計)は77%、昨年より6ポイント増となっている。
 
<動画広告の視聴経験>
Q あなたはYouTube再生時に表示される動画広告を最後まで見たことがありますか。(ひとつだけ)
201502041129_13.png
~動画広告視聴後の行動は「クリックして遷移」11%、「商品のホームページを見た」10%~
 動画広告視聴後にした行動としては、「動画広告後のサイトURLをクリックしてサイト遷移した」が11%、「商品のホームページを見た/見る」が10%で多い。昨年同時期とはさほど変化がみられない。
 
<動画広告視聴後の行動>
Q YouTubeの動画広告を見た後、あなたが今までに取ったことのある行動にあてはまるものを全てお知らせください。(いくつでも)
201502041129_14.png
 

 
~動画広告を「毎回スキップしている」は昨年より10ポイント減少~
~「TVCMでは見られない面白いものが流れるので積極的に視聴したい」「ついつい見てしまう」「TVCMより面白いと思う」が昨年より増加~
 動画広告に対する態度をみると、「スキップできるのであればよいと思う」が70%で多数を占めるが、「毎回スキップしている」は59%で、昨年同時期より10ポイント減少した。
 一方、昨年より増加した態度としては、「TVCMでは見られない面白いものが流れるので積極的に視聴したい」(21%、10ポイント増)、「ついつい見てしまう」(18%、、5ポイント増」、「TVCMより面白いと思う」(18%、6ポイント増)などがあげられる。
 
<動画広告に対する態度>
Q YouTubeの動画広告について、それぞれについてあてはまるものをお知らせください。(それぞれ、ひとつ選択)
※「あてはまる」+「ややあてはまる」とした人の比率
201502041253_4.png
■調査概要
調査地域           :全国
調査対象           :15~69歳の男女で情報機器(PC、携帯、タブレット等)の利用者
調査方法           :インターネットリサーチ
有効回答数        :1,200人
調査日時           :2015年1月9日(金)~1月12日(月)
 
回答者のプロフィール
201502041129_16.png


 
 
※2013年12月より、オプトはリサーチ事業を開始。グループ間のデータを統合し、オプトグループのアセットを活用したマーケティングサービスを展開して参ります。


 

以上