• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社オプト
2014/04/22

オプト、不動産業界向けモデルルーム来場促進ソリューション 『Realtime Inform Banner』開発 ~ ディスプレイ広告のリアルタイム更新、エリアターゲティング配信により、 不動産モデルルームへの来場効果を最大化 ~

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード2389、以下オプト)は、不動産モデルルームへの来場効果を最大化させるモデルルーム来場促進ソリューション『Realtime Inform Banner』を開発、不動産業界向けに4月22日から販売を開始します。
 
なお、『Realtime Inform Banner』は、オプトグループの〔※1〕株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮、以下コネクトム)との共同開発となり、不動産ディスプレイ広告クリエイティブのリアルタイム更新反映、エリアターゲティング配信が可能となっている点が特徴です。
 
【背景・目的】
不動産業界では、モデルルームへの来場施策として様々な販促手法(インターネット広告、チラシ、交通広告、ポスティングなど)を活用していますが、特にインターネット広告は来場効果の高い手法として活用が拡大しています。
 
一方で、さらに来場効果を高めるために、モデルルームの販売状況やイベント情報をよりリアルタイムに見込み客に告知することが期待されていますが、これまでは広告クリエイティブへの情報更新反映のタイムラグといった課題があり、実現が不可能でした。
 
オプトとコネクトムは、こうした課題を解決するために、ディスプレイ広告へリアルタイムデータ交換技術を活用し『Realtime Inform Banner』開発しました。これにより、不動産企業が伝えたい情報をいつでも自由に入力して、即時、広告クリエイティブに反映することで、来場見込み客へのリアルタイム告知が可能となりました。
 
なお、『Realtime Inform Banner』は、コネクトムが提供している〔※2〕米国のO2Oソリューション「Retailigence(リテーリジェンス)」をベースに、オプトの不動産業界に関するインターネットマーケティングノウハウを活用することで実現可能となった、オリジナルの不動産業界向けモデルルーム来場促進ソリューションとなっています。
 
また、広告配信メディアとしては、DSPやアドネットワークメディアを活用します。
 
【『Realtime Inform Banner』の概要】
商品名:『Realtime Inform Banner』
特 徴:
①ディスプレイ広告クリエイティブのリアルタイム更新・反映
  (例)
  ・モデルルーム(ハウス)のオープン情報
  ・マンション販売における期別の登録申込受付情報
  ・週末に予定されるイベント情報
  ・キャンセル住戸の案内情報
  ・物件サイト内ページの更新情報・追加情報
②エリアターゲティング
 
期待効果:商圏にいる生活者にリアルタイムで不動産の販売状況やイベント情報を
       配信することで、モデルルームや店舗への来場効果の最大化が期待できます。
費  用:30万円~
 
【『Realtime Inform Banner』の運用イメージ】
201404221500_1.png
 
【今後の展開】
 オプトでは、『Realtime Inform Banner』の特徴を最大限に活かしたサービス提供を行い、
各配信先の広告パフォーマンス向上及び、配信先の拡大を図り、不動産企業に対し最適なインターネット広告ソリューションを提供してまいります。
 
以上
 
 
〔※1〕株式会社コネクトム
会社名:株式会社コネクトム(英名:ConnectOM, Inc.)
所在地:〒102‐0081 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
代表取締役社長:久米田 晶亮
資本金:75百万円
株主構成:オプト 100%
主な事業内容:オムニチャネルマーケティング支援事業 / Retailigence事業 / ショッピッ!
事業リアル店舗の商品・在庫データを格納できるデータベースと、生活者
位置情報をキーとしてコンテンツ自動配信が可能なAPIを提供するソリュ
ーション「Retailigence」を活用し、リアル店舗の商圏内にいる生活者のス
マートフォンを主なターゲットとしてプロモーションをする「オムニチャ
ネルマーケティング支援サービス」を中核に展開。
  URL:http://www.connectom.co.jp /
 
〔※2〕米国のO2Oソリューション「Retailigence(リテーリジェンス)」
Retailigenceを開発・運営するRetailigence Corporation.は、米国にて多くの有名な
流通小売・メーカーと連携し、「10万以上の実店舗」と「1,000万件以上の商品在庫
情報と位置情報」を集約したデータベースとオープンなAPIを保有。店舗情報や在庫情報と紐づいた商品データを提供し、実店舗への集客を促すO2O事業を展開しています。また同社は、有力な米国ベンチャーキャピタルであるDFJや500startups等、数々のインベスターから出資を受けており、シリコンバレーにおける有望企業の一社と注目されています。
■『Retailigence Corporation』概要
         会社名:Retailigence Corporation
         所在地:2400 Broadway, Suite 220 Redwood City, CA 94063, United States
         最高経営責任者(CEO):Jeremy Geiger
設立:2009年 
事業内容:O2Oプラットフォーム「Retailigence」の企画・開発・運営

以上

【株式会社オプトについて】
オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。
「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。

【会社概要】
設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億 (2015 年 4 月 1 日現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:e マーケティング事業
URL:http://www.opt.ne.jp/