2021年4月より代表取締役社長 CEOに就任いたしました、栗本 聖也です。
クライアントの皆様、メディアの皆様、パートナー企業の皆様、いつもお世話になっております。

2020年から新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、ライフスタイルや働き方が大きく変化いたしました。

社会全体が構造変革を迫られる中で、インターネット広告業界も2021年以降大きな過渡期を迎えています。

Cookieや個人情報規制、ブランドセーフティ観点での広告表現や配信面の是正によって、インターネット広告は「生活者と企業のため、より本質的な機能を果たすことが求められる」状況にあります。私はこの現状を、広告は本来あるべき姿に戻ることが求められていると捉えています。

インターネット広告サービス、およびデジタルツールは非常にインテリジェンスな商材です。各広告メディアのテクノロジーに加え、エージェンシーである我々が各企業の課題に寄り添ったクリエイティブと、最先端の技術トレンドを取り入れることで、今後も企業の事業成長・事業支援のために多岐にわたり活用できる可能性を秘めています。

私たちは、このような環境変化と技術の動向を前向きに捉え、「デジタルで、この国の新しい基本をつくる。」をミッションに掲げ、「デジタル」を活用することでビジネスモデルをアップデートし、企業の事業成長・事業支援にコミットしてまいります。

このミッションを通じて、我々は自社の提供サービスをアップデートすることで広告代理市場の構造改革へチャレンジします。

その中でも、マージンモデルから脱却した新たなビジネスモデルの開発と、自社の運用ナレッジを体系化したソリューションの提供。この2つに注力します。


具体的には、各業界特性や事業環境に合わせたコンサルティングサービスやインハウス事業主に向けたオンボーディングサービス。また、これまで培ってきた自社のナレッジ、メソッドをソリューション化し、企業規模問わず、多くのクライアントの皆様が運用成果を出せるような環境構築支援をしてまいります。

インターネット広告はこれからの経済発展においても大きな影響力を持ち、デジタルマーケティングの成長は、これからの日本経済の発展には欠かせない永続的なものであると確信しています。だからこそ、より良いサービスへ自らをアップデートしていきたいと考えています。

これらを通じて、自社の成長だけでなく、広告業界や広告主、そしてその先の社会へ貢献できる事業を目指してまいります。

皆様とのパートナーシップあってこその事業です。引き続きこれまで以上に、ご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


株式会社オプト
代表取締役社長CEO 栗本 聖也