•  
  • あったらいいなをすぐ形に
    ユーザーのすぐ側にあるテクノロジーへ

    Interview / Some members of operation technology teams (Tokyo)

    写真左から 内藤、田中、大橋、竹田

    インタビュー時期:2017年10月

あったらいいなをすぐ形に

オペレーションテクノロジーの主な開発拠点は仙台にあるが、よりユーザーや企画に近い場所での課題解決チームとして、東京本社でもオペレーションテクノロジーに取り組んでいる。

基幹部分を担当する仙台ラボラトリとも連携し、ユーザーのあったらいいなを素早く形にするべく日々業務効率化に取り組んでいる。そんな東京を中心とする各チームにインタビューを行った。

担当プロダクトと役割

竹田:僕自身で言うと、仙台が開発担当で広告予算管理ツールのビジネス側マネージャー、東京が開発担当でタスク依頼管理ツールのタスクドライバーのUIデザイナー、そして仙台が中心になっている基幹データウェアハウスである Performance Platform のビジネス側マネージャーという3つの立場があります。

大橋:タスクドライバーの開発をしています。フロントエンドからバックエンドを一通り見ています。

田中:広告入稿 Editor ツールの開発を担当しています。あとは、タスクドライバーも少し手伝ってます。

内藤:タスクドライバーの開発側マネージャーを担当しています。開発もしてます。

各プロダクトの開発サイクル

内藤:タスクドライバーでは、1週間ごとに定例会をして、そこで前週の振り返りと今週の計画をする感じで進めてます。

竹田:一方、それ以外で仙台が主に開発を担当しているプロダクトは15日間イテレーションでやっています。スクラムではないけど、スクラムっぽい感じです。Central Platform というプロダクト群として、同じサイクルで回しています。

内藤:位置づけ的にはタスクドライバーも Central Platform に含まれるんですが、初期段階なのでそのイテレーションに入れてないんですよね。

大橋:タスクドライバーは、タスク管理も GitHub の issue を使って、最初なので極力小さくシンプルにやってますね。

竹田:一方、Central Platform では Backlog を使ってタスクを管理してます。登録されたチケット上で、エンジニアと話をしながら仕様を決めていく感じです。

内藤:ただ、タスクドライバーもリリース後落ち着いたら、その流れに合流する予定です。

社内向けプロダクトを作る面白み

竹田:僕の場合は、デザイナーだけではなくてビジネス側マネージャーって立場もやっていたりするので、社内のユーザーと、実際に作るエンジニアと議論しながら、少しずつ形にしていくのは面白いですね。

大橋:私の場合、以前はもっと大きいプロダクトに所属していたので、タスクドライバーは少人数チームでフロントもバックエンドもインフラもやれるので、自分が担当する範囲が広くて、技術者としては刺激的だと感じています。あとは、社内向けの比較的小さいプロダクトなので、技術的に実験的なことがしやすいです。この前も Clojure を使ってバッチを実装してみたりしました(笑)

内藤:そうですね、社内向けのプロダクトなので、使う技術の自由度は高いと私も感じます。個人的にタスクドライバーで Angular ベースの SPA (Single Page Application) を初めて経験したんですが、社内向けプロダクトでそこまでやることは少ないかもですが良い経験でした。かなり大変でしたが(笑)

田中:私の場合だと、社内向けプロダクトは、実際に使うユーザーが社内の人で近くにいるので、反応がダイレクトに来るところが面白いですね。自分が作ったものをすぐ使ってくれて、すぐ反応があるので。

社内向けプロダクトを作る大変さ

竹田:ユーザーが近くにいる分、ツールの意図とかが上手く伝わらなかったときに「使いにくい」って思われちゃうのはキツいですね。社内の業務フローを改善するものなので、ちゃんと意図が伝わるまで何度もコミュケーションする必要があります。ただ、それ以上に辛いのは、使ってないのに「使いにくい」って思われちゃうことですね。業務の改善や効率化は、業務フローそのものを変えるとか慣れてないツールを覚えてもらうとか、どうしても必要になると思いますが、慣れてないって理由で「使いにくい」と思われるとキツい(笑)

田中:そうですね。残念ながら、実際に使ってくれていないのにツールに対してリクエストが多いユーザーも中にはいるので…(笑) そういうユーザーと、実際に良く使ってくれているユーザーのギャップを埋めるのはいつも大変ですね。作ってる時にはいっぱいリクエストくれるんですけど、完成してみたらあんまり使ってくれない時とか。

大橋:あと、技術的に自由な分、辛い時もあります。先程あった通り、タスクドライバーは Angular ベースの SPA でフロントエンドを実装したんですが、SPA に慣れている人がチームにそんなにいなかったので(笑)他のチームの詳しい人に助けてもらって立て直したんですが、辛い時もありました。

内藤:いい勉強になりましたが、SPA はやっぱり大変でした… あとは、社内向けシステムだからか、仕様変更依頼は結構カジュアルに来るので、それに対応し続けるのは結構大変です。

田中:でも、そのカジュアルさが良い部分もあると思うけどね。社内で作ってる意味はそういう所にある気もするし。

竹田:細かい所の変更はともかく、朝令暮改にならないように Central Platform 全体としてはもっと大きいビジョンを探っていきたいですね… AI 使って自動化したりとかビジョンに入れてみたい(笑)

タスクドライバーなどの今後

内藤:タスクドライバーはまだ限定的な利用しかされていないので、もっとたくさんの人達に使ってもらえるようにしていきたいですね。プロダクト的には簡単に広げられる気もしているんですが。

竹田:利用の拡大は、業務フローの整理と合わせてしていく必要があるので一筋縄ではいかないですね。業務フロー自体が大分細かいことも多いんですよ。

内藤:あー、確かに細かいですね(笑)

田中:それに、広告入稿 Editor ツールもですが、社内向けプロダクトとはいえ、ユーザーの利便性の要求が高めではありますね。

竹田:ある程度、バランスを取っていかないといけないですね。タスクドライバーを全社的なタスク管理のインフラにしてきたいので。でも、メールと連携してタスク自動登録とかやりたい(笑)

大橋:技術的にはできるはずですね。

田中:普通にできますね。

各種エンジニア募集中!

Opt Technologiesにご興味をお持ちの方はもちろん、
話だけでも聞いてみたい方のコンタクトお待ちしてます。

募集要項を見る
(通年採用中)

インタビュー一覧へ