•  
  • 単なる社内向けツールではない!
    ユーザーと共に効率化と付加価値の源泉へ

    Interview / Some members of operation technology teams (Sendai)

    写真左奥から 佐藤、高井(東京)、平岡(東京)、山田(東京)、杉山、手前左から萩野、岩崎、野坂、成田、片岡

    インタビュー時期:2017年10月

効率化と付加価値を産む社内ツール

多様で複雑な運用型広告の運用オペレーションに対応するため、オペレーションテクノロジーと銘打ち、オプトテクノロジーズでは様々な社内向けツールを開発・運用している。

オペレーションテクノロジーの主な開発拠点は仙台にあり、ビジネス・企画担当の東京本社や、実際に運用オペレーションを行う沖縄コーラルオフィスと連携しながら業務価値の向上を追求している。そんな仙台を中心とする各チームにインタビューを行った。

なお、普段の業務での打合せと同じように、仙台と東京をインターネット会議で接続し、互いに画面越しでのインタビューとなった。

担当プロダクトと役割

高井:オペレーションテクノロジーのプロダクト群である Central Platform のビジネス側マネージャーをしています。あと、広告媒体アカウント管理ツールのとタスク管理ツールのビジネス側マネージャーをしています。

平岡:広告配信のレポート自動生成ツールと、広告入稿の Editor ツールのビジネス側マネージャーを担当しています。Editor ツールは開発は東京ですが。

山田:私もレポート自動生成ツールのビジネス側を担当しています。

野坂:Central Platform の開発側統括をしています。また、レポート自動生成ツールの開発側マネージャーを担当しています。

佐藤:Central Platform の中心となるデータウェアハウスである Performance Platform の開発側マネージャーを担当しています。広告媒体アカウント管理ツールのアカウント情報を使ってデータを集め、レポート自動生成ツールのレポートデータなどの元データを作ってます。

萩野:広告媒体アカウント管理ツールとナレッジデータベースの開発側マネージャーを担当しています。

岩崎:Central Platform 全般のインフラを担当しています。

成田:広告予算管理ツールの開発側マネージャーを担当しています。

片岡:Central Platform 全般のデザインや UI/UX を担当しています。

杉山:Performance Platform のデータを使った分析・BIツールの開発側マネージャーを担当しています。

各プロダクトの開発サイクル

野坂:Central Platform のプロダクト群は15日のサイクルで開発を進めています。前半の4日間でこのサイクルで開発する項目を関係者で話し合って決めます。次の10日間で実際に開発し、残り1日で開発を振り返り、次のサイクルの準備をします。実際に広告運用で使われ続けているプロダクトばかりなので、運用タスクが発生したり、緊急性の高い要望が発生したりすることがあります。その場合、タスクを割り込ませて、サイクル内の優先度を再検討することになります。

高井:私の方では、実際にプロダクトを使って広告運用業務をしている現場の要望を取りまとめて、開発側に伝えるということを主にやっています。

野坂:このスタイルで開発を進めるようになって、半年くらいですが、その中で改善を続けてきました。これ自体、スクラムをある程度ベースに自分達のやり方を探してきたものですが、最初の頃は各タスクの完了基準が曖昧になることが多く、サイクルの成果がどうだったのかわかりにくかったのですが、最近ではそれを明確化して、サイクル内の達成率なども計測できるようになってきています。

平岡:この形になる前は、やりたいことが常に溢れている状態で、かつ緊急度の高いタスクがしょっちゅう横入りして、いつ何の機能ができるかが非常に読みづらく、ユーザーからの問い合わせに明確に答えられない状況にありましたが、サイクル制という形にしてから、そこが大きく改善しました。

山田:サイクル制にしてから、プロダクト間の連携も取りやすく、全員が納得してスケジュールが決められるようになったと思います。

杉山:サイクル制になる前は、長い開発期間の後にリリース日を何度も変更させてもらうことになったりしたこともありました… その状況が、短い期間でサイクルを回していくことで、軌道修正がしやすくなりました。

社内向けツールを作る上での嬉しさ

高井:開発途中のものが見れるときに、考えたものが実現に向かって進んでいる感じがあって嬉しいです。

平岡:私は、レポート自動生成ツールを使って人手でやっていたレポート作成時間が大幅に削減できたので、それがわかった時はとても嬉しかったですね。

山田:私もそれは嬉しかったです。実際にプロダクトを使っているユーザーからも喜んでくれたり、驚いてくれたりして、とても実感ができました。

佐藤:自分もレポート自動生成ツールに限らず、業務がプロダクトの力で効率化されていくのを見るのはやっぱり嬉しいです。プロダクトは使われてナンボだと思うので。

萩野:使われてるなあと実感すると嬉しいですよね。直接は面識のないオプト社員がしている会話の中で、自分の作ったプロダクトの名前が出てくると、ちゃんと使われてる実感がありますね。

片岡:うん、ユーザーに浸透しているなあと実感すると嬉しいですよね。

成田:東京のビジネス側が要件整理をしてくれているので、直接ユーザーと話す機会はそれほど多くないんですが、沖縄の方だったり、ユーザーと直接話せると生の声を聞けるのでやっぱり嬉しかったりしますね。

杉山:間接的でもユーザーの声を聞けると嬉しいですね。私達は仙台で開発をしていて、実際のユーザーは東京だったり沖縄だったりするので。

野坂:あとは、色々と試行錯誤をしながら、うまくいくのか不安な気持ちでサイクルで開発を回して来たんですが、ビジネス側の人からも開発がうまく回り始めているのを感じてくれたのはとても嬉しかったです。やってきてよかったなあと思いました。

岩崎:インフラ担当としては、新しい技術に触れている時がやっぱり楽しいですが、インフラ担当としては障害が起きないことが何よりも嬉しいですね(笑)

一同:(笑)

社内向けツールを作る上での辛さ

高井:やっぱり不具合が発生した時は辛いですね。プロダクトを作る上で避けられないし、不可抗力で起こることもなくはないですが、ユーザーはそんな事情が見えないので… あとは、機能の意図とか使い方がユーザーにあまり伝わらなかった時も辛いです。

平岡:リリース直後とかはどうしても不具合は発生してしまうんですが、それを潰し続けていた時期はやっぱり辛かったですね。

杉山:リリース直後は大変ですね… 私も辛かった思い出がいくつかあります。

成田:不具合はやっぱり辛いですねえ…

佐藤:不具合というか、データをプロダクトの外部から取得する処理があるんですが、それが失敗したときは辛いですね… それが理由で毎日のレポート作成が大幅に遅れたりもするので。

野坂:レポート自動生成ツールはパフォーマンスチューニングも必要だったので、今のレポート生成時間を達成するまでは、色々と辛かったです…

平岡:あとは、レポート自動生成ツールで痛感したんですが、今まで手作業でやっていたことをツールに置き換えること、要するに業務フローを変えてもらうことは想像以上に大変でした。

山田:導入する時はとても大変でしたね… 最初は不具合もあったので、なかなか皆使ってくれなくて。

萩野:自分は、作ったものが使ってみたら業務フローとうまくハマらなくて、あまり使われなかったときは辛いですね。

片岡:そうですね、ユーザーの行動を予測して準備を重ねて作ったものが、あまり認知されてなかったりとか。

岩崎:インフラ担当として辛いことと言えば… 何よりも障害が起こった時ですね(笑)特に営業時間外の障害はとても辛い…

一同:(笑)

今後の野望や展望

高井:現状は、Central Platform として一通りプロダクトが揃った感があります。今後は、プロダクト間の連携を強化していき、効率化をもっと進めたいですね。

野坂:確かに、プロダクトは一通り揃った感があるので、もっと効率化や自動化を進めたいですね。機械ができることは全て機械に任せて、人間は本質的で人間にしかできない業務に集中できる状態が理想です。あとは、Central Platform は社内向けプロダクトなので、ほぼ社内の人達だけが認知しているものですが、セールスやコンサルが「オプトはこれを使ってるからイケてる」みたいな感じで、顧客への提案にも入れたくなるような、そんなイケてるプロダクトにしたい想いがあります。

片岡:私は認知だけではなくて、実際に顧客自身も触れるプロダクトにしていきたいと思ってます。社内のユーザーと顧客をつなぐものであって欲しいというか。

佐藤:私は具体的な話ですが、広告媒体アカウント管理ツールをもっと改善したい気持ちがありますね。データが整理しきれてない部分があるので、もっと連携しやすい形にできると思っています。代わりに萩野さんに Performance Platform やってもらって(笑)

萩野:本当ですか? そこまで言うなら(笑)

山田:どのプロダクトも利用する人をまだまだ増やせると思っているので、どんどん拡大していきたいですね。

平岡:確かに、今は全ての部署の業務に対応している訳ではないので、そういう意味でも範囲を広げていきたいです。

杉山:自動化ができる範囲を広げていきたいですね。

各種エンジニア募集中!

Opt Technologiesにご興味をお持ちの方はもちろん、
話だけでも聞いてみたい方のコンタクトお待ちしてます。

募集要項を見る
(通年採用中)

インタビュー一覧へ