•  
  • クリエイティブにもテクノロジーを
    広告の花形を多彩な技術で色付ける

    Interview / Some members of creative technology teams

    写真奥左から 伊藤、山元、上池、濱元、杉泊、星野、手前左から中田、武居、潮田、木村

    インタビュー時期:2017年10月

クリエイティブにもテクノロジーを

広告として表示される画像やテキストや動画などのことをクリエイティブという。実際に広告としてユーザーの目に触れる、広告の花形と言っても良い要素だ。

オプトテクノロジーズでは、クリエイティブに関するテクノロジーを追求するプロダクトとして、動的バナー生成ツールの unis 、データフィード管理ツールの Feed Terminal 、広告動画の自動生成ツールの Dynagram などを開発・運用しており、新しいツールについても日々開発を進めている。

それらのクリエイティブテックに取り組んでいる各プロダクトチームにインタビューを行った。

それぞれのプロダクトでの役割

伊藤:Dynagram という動画自動生成ツールと、その周辺の未リリースのクリエイティブ関連ツールの開発側マネージャーを担当しています。

上池:Dynagram とその周辺のクリエイティブ関連ツールの開発を担当しています。

山元:同じく、Dynagram とその周辺のクリエイティブ関連ツールの開発を担当しています。

中田:Dynagram の開発全般に携わってます。

木村:ダイナミックバナーの3PASである unis の開発とスクラムマスターを担当しています。一通りやってます。

星野:担当プロダクトは unis で、推薦エンジンとかの開発をしています。あと、社内でボードゲーム部やってます!

杉泊:最近 Feed Terminal から unis に移ってきて、主にサーバサイドを開発しています。

潮田:Feed Terminal というデータフィード管理ツールの開発とスクラムマスターを担当しています。あと、シニアエンジニアもさせてもらってます。

濱元:unis と Feed Terminal のビジネス側マネージャーを担当しています。

武居:今まで名前が出たプロダクト全般のビジネス側を担当しています。全体に関わる戦略とか判断を行ってます。

各プロダクトでの開発の進め方

木村:unis では、スクラムをベースにした2週間スプリントで開発を進めています。各種スクラムイベントは一般的なスクラムのものと同じなんですが、人数が少ないのもあり、ちょっとアレンジしています。

武居:例えば、本来的なスクラムだと、スプリントレトロスペクティブはプロダクトオーナーは入らずに開発側だけで行うものだと思うんですが、 unis ではビジネス側含めて全員でやっちゃってます。

潮田:Feed Terminal では、unis と似ているんですが、2週間スプリントのスクラムをベースにしています。うちのチームのオレオレスクラムっぽいところは、プロダクトバックログに相当するものはあるけど、スプリントバックログに相当するものはない、ってところですかね。

木村:まあ、unis もそんな感じです(笑)

武居:結構、unis と Feed Terminal はほぼ同時期にスクラムをベースとした開発サイクルに移行しているので、大枠は同じ感じですね。ADPLAN とか大きいチームと比べると、どのチームも小さいのでガチガチにルールを決めずに良くも悪くも柔軟にやっている感じです。

伊藤:Dynagram と未リリースの開発でだいたいメンバーが同じなので、まとめてスクラムベースの開発サイクルで回してます。互いにリモートでデイリースクラムすることも多いので、日報を書いてもらってそれを元にリモートでやったりしてます。

上池:Dynagram とかもなんちゃってスクラムっぽい感じですね(笑)スプリント中にプロダクトバックログの入れ替えとかもやっちゃってます。人数少ないですし、柔軟性とスループット重視って感じです。

開発の中で嬉しい瞬間

伊藤:今年からクリエイティブの制作部署の方に出向いて、机も近くに置いて色々細々としたニーズを聞きながら開発を進めていたんですが、それについてクリエイティブ制作部署の方から有難がってもらえたのは嬉しかったですね。

上池:Dynagram の開発で動画編集に関して色々触れられたり、GCP を使ったり、Angular の新しいやつを入れたり、新しい技術や経験に触れられたのは楽しかったです。

山元:私も新技術に触れられたのは嬉しかったですね。特に触ってみたかった Docker とか kubernetes とか。新しいプロダクトなので技術的制約もなく導入しやすかったです。

中田:私は Kdenlive という動画編集 OSS に触れられているところですね。新しい技術に触れられているのもありますが、段々良い使い方を習得していけるのが楽しいです。

杉泊:私も Feed Terminal の初期開発時は、制約なく色々新しいものを試せて良かったです。

潮田:Feed Terminal のリリース前はしんどい時期もあったので、最近のスプリント振り返りの時にチームの雰囲気が良いという意見が出たのは嬉しかったですね。

杉泊:開発自体は大変でしたね… ただ、パフォーマンス的には最低限のラインからはじめて、顧客への導入が進むに連れてチューニングしていくという形で段階を踏めたので、そこはやりやすかったです。

星野:unis の推薦エンジンでは色々トライアンドエラーした結果、CTR とかが改善すると単純に嬉しいですね。

木村:unis はダイナミックバナーという目に見えるものを作っているので、ネットサーフィンしてる時に自分が開発したバナーが出てくると結構嬉しいです(笑)

星野:自分もたまに出てきますね(笑)

濱元:unis の新しいバナーレイアウトとか、Feed Terminal の新しい機能とかをお客様に「コレ良いですね」と言われると嬉しいですね。あとは、ビジネス的には最近好調なので、売上が伸びてる時はやっぱり嬉しいですね。

武居:社内に新しいものをリリースした時にリアクションが大きいと嬉しいですね。あとは、ミーティングの時に普段あんまり発言しないエンジニアの人が発言してくれたりすると結構嬉しかったりします。開発の中だと、リリース前に画面とかバナーとか目に見えるものが出た瞬間はやっぱり嬉しいですね。

各プロダクトチームでの苦労

伊藤:クリエイティブ制作部署の方は、開発プロジェクトに携わったことがない人も多いので、要件のやり取りの仕方とかで苦労した部分はありました。

上池:Dynagram では GCP を個人的にはじめて使ってみたという所もあるんですが、もっとインフラを安定させられるところはあるなあと思ってます。

山元:動画広告の市場が成長過程なので、利用推進はちょっと苦労しているかもしれません。あとは、Kdenlive ですかね…

上池:OSS なので仕方がないかもしれませんが、ドキュメントがあまり無かったですよね…

中田:XML を色々直して自分自身で試行錯誤せざるを得ない所がありますからね…

潮田:Feed Terminal の初期開発時は、いつリリースできるのかわからない状態が続いたことがあったので、その時期は辛かったですね… 今はスクラムも含めて運用も安定してきたので、楽にはなりましたが。

杉泊:初期開発の時は、インフラ構築もする必要があって、あまりインフラに慣れているメンバーもいなかったので、その辺りの見積もりを見誤ったのはあったかもしれませんね… インフラ設計としても今見ると色々直したい所があります(笑)

武居:私もその時期は辛かったです。リリース時期が読みづらくて、各方面との折り合いが中々大変でした。

星野:辛いことは何もないです(笑)強いて言うなら、プロダクトが大きくなって sbt のビルドが重くなってきたのはちょっと辛いです。

濱元:unis も Feed Terminal も初期開発時ではなく、途中から参加しているので、キャッチアップはちょっと大変でした。あとは、障害が出てしまった時ですね…

木村:私もあの障害の時は辛かったですね… 他には、最近 unis はビジネス的に好調なんですが、ずっと準備していたことがようやく浸透した感じなので、コレを自分達が開発したから伸びたって実感が得にくいのは、ちょっとだけ辛いですね(笑)

武居:開発自体はあまり関係ないですが、今はビジネス的には比較的好調とはいえ、そもそも立てた目標が市場的に妥当なのかは、少し自信がないところはなくはないですね。あとは、クリテクの開発陣は優しい人が多いので楽しんで貰えてるかちょっと心配です(笑)

今後の展望や野望

武居:unis については、レコメンド広告という市場を今はターゲットにしていますが、その市場も大分成熟してきているので、今後はレコメンド以外のジャンルでも unis を使っていけるようにしていきたいですね。

木村:unis はリリースしてから2年以上が経過して、プロダクトに求められることも少しずつ変わってきたり、その分コードに必要な性質も変わってきている気がしてます。なので、DDD などの考え方も利用しつつ構造的な変更を少しずつやっていけると良いなあと思ってます。

武居:Feed Terminal については、データフィード管理ツールというジャンル自体は成熟してきていると思いますが、データフィードの活用法についてはまだまだ開拓の余地があると思っていて、Feed Terminal をそれを推進していけるツールにしていきたいです。

潮田:Feed Terminal は、今後活用法が広がるにつれて、開発側で対応しなきゃいけない部分が増えていくと思うので、それに素早く対応していきたいですね。あとは、その辺りに対応したら、ある程度落ち着く気がしているので、新しいプロダクトにも挑戦したいです。

武居:Dynagram については、動画広告市場の伸びに合わせて、導入をもっと頑張らなきゃという感じですね。これもテンプレート式動画編集ツールという意味だと、広告以外でも使えるのではないかなと考えていたりします。

山元:Dynagram は、インフラをまずはもっともっと安定させるのがまず第一だと思っています。あとは、Kdenlive について大分ノウハウが溜まってきたので、リッチな動画テンプレートをもっと増やしたいです。

伊藤:その他のクリエイティブ関連ツールは、まだリリースしてないですが、クリエイティブ制作部署と密に連携してやっているので、彼らのワークフローを大事にしながら効率化していきたいですね。

上池:そうですね。クリエイティブ制作に関わる人達が本当に使いやすいものにしていきたいと思っています。

伊藤:クリエイティブ関連ツールという意味では、どんどんR&Dしていかなきゃいけないフェーズだと思っていて、新しいもの好き、新しい技術好きの人には是非オススメだなと思っています。

武居:クリエイティブは広告業界的にも花形ですからね!どんどん新しいものを産み出していきたいです。

各種エンジニア募集中!

Opt Technologiesにご興味をお持ちの方はもちろん、
話だけでも聞いてみたい方のコンタクトお待ちしてます。

募集要項を見る
(通年採用中)

インタビュー一覧へ