SOLUTION

来店前
  • サービス業
  • 保険・金融
商圏分析

競合店舗へ来店している顧客の行動傾向を明らかに

CLIENT’S ORDER

競合顧客の奪取に向け、競合来店顧客の行動傾向を可視化

想定している競合店舗への来店客がどこで行動しているのか、どこから来ているのか等が把握できず、競合対策としての施策をどこで実施すれば良いかが把握できない状態だった。

OUR ACTION

toSTORE Analysisによる競合店舗への来店顧客の居住エリアを可視化

競合店舗と自店舗の競合併用率や、推定居住区をtoSTORE Analysisによって分析。
各ユーザー単位(自店舗のみ来店客・競合のみ来店客・競合併用来店客など)の居住区をヒートマップ化することで広告施策をどのエリアで実施すべきかを明らかにした。

  • toSTORE Analysisによる来店傾向の可視化(自店舗×競合店舗)
  • 各来店ユーザーごとの推定居住区をヒートマップ化→広告施策を展開すべきエリアを可視化

RESULT

各要素が可視化され、実施すべき広告施策案の示唆が得られた。
・想定していた商圏とのギャップ
・各ユーザー単位の推定居住区(自店舗のみ来店客・競合のみ来店客・競合併用来店客 など)