• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社オプト
2021/06/28

ナノベーション社主催「ダイレクトアジェンダ2021」にオプト、エンジニア 岩本 智裕が登壇


「デジタルで、この国の新しい基本をつくる。」をミッションに掲げ、顧客の事業成長に伴走する株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:栗本 聖也、以下、オプト)の岩本 智裕が、本年7⽉1⽇(木)~2021年7⽉2⽇(金)に開催される「ダイレクトアジェンダ2021(※1)(https://directagenda.jp/)」に登壇いたします。

「ダイレクトアジェンダ」は、直販・通販事業に携わるトップマーケッター250名が集結し、2日間に渡り開催されるカンファレンスです。昨年より猛威を振るう新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、今年は行政府の指導に従い、感染防止対策を実施した上で、ベルサール御成門タワーにて開催されます。

岩本は「CPA運用(※2)からLTV運用(※3)に変わる!!ポストクッキー時代におけるデータ活用。」をテーマに、クッキーレス市場で注目されているサーバーサイドAPI(※4)について、その詳細や導入ハードルなど、実際の効果改善事例も含めお話いたします。


■岩本 智裕 登壇セッション概要
CPA運用からLTV運用に変わる!!ポストクッキー時代におけるデータ活用。 (10mins Presentation #10/2021年7⽉2⽇(金) 11:20~11:30)

https://directagenda.jp/session/10mins-presentation-10
サードパーティクッキー(※5)完全廃止、AppleのIDFA(※6)利用制限などにより、従来のマーケティング手法が大きな岐路に立たされています。デジタル広告を推進する広告主や事業主はこの変化をどう乗り越えるべきか?オプトでは、長年のデジタル広告運用実績や、ADPLAN(※7)などのデジタル広告計測ツールなどの開発運用知見を集約し、ポストクッキー時代における統合データ活用プラットフォーム「ONE's Data(※8)」を開発いたしました。ONE's Dataはリリースして1年で、50社以上のお客様にご利用いただいております。プライバシー保護を考慮したデータ活用が可能となる、サーバーサイドAPIの実装を強化しており、特にFacebook社が提供するサーバーサイドAPIである、コンバージョンAPIへの対応においては、国内トップレベルの導入数を実現しています。今回は、クッキーレス市場で注目されているサーバーサイドAPIについて、その詳細や導入ハードルなど、実際の効果改善事例も含め、お話いたします。

■「ダイレクトアジェンダ2021」概要
開催⽇時  :2021年7⽉1⽇(木)~2021年7⽉2⽇(金)
会場    :ベルサール御成門タワー 
主催    :株式会社ナノベーション
特別協力  : アジェンダノート(Agenda note)
▼詳細・お申込みはこちら
https://directagenda.jp/

 

以上

※1 ダイレクトアジェンダ
直販・通販事業に携わるトップマーケッターのカンファレンスで、今年はベルサール御成門タワーにて開催されます。今後の海外進出も視野に入れた施策を立てられるようにすることを目的に行われ、ダイレクトマーケティングに関する知識と実践ノウハウをシェアしあうとともに、業種を超えてネットワークを広げることができる場です。

※2  CPA(Cost per Acquisition)
新規顧客を開拓するに際し、1人あたりの獲得単価を示す指標のこと。

※3 LTV(Life Time Value)
企業と顧客が継続的に取引を行うことにより顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益のこと。一般的には顧客が商品やサービス、企業に対する愛着(顧客ロイヤルティ)が高い企業ほどLTVが高まりやすくなります。

※4 サーバーサイドAPI
ウェブのピクセル等でデータ通信を行っていた最適化データを、サーバーを経由して送信する技術。本技術により、プライバシー保護を考慮したデータ活用が可能となります。また、サイトで発火するタグの数が減ることにより、ユーザーへ適切なブラウザ環境を提供することができます。

※5 サードパーティクッキー
アクセスしたウェブサイトとは異なるドメインが発行したCookieデータのこと。ユーザーがアクセスしているウェブサイトなどに掲載されている広告などに、ユーザーがアクセスした際に発行されます。

※6 IDFA(Identifier for Advertisers)
Appleがユーザーの端末にランダムに割り当てるデバイスIDのこと。IDを活用すると、カスタマイズした広告を配信することができます。

※7 ADPLAN(アドプラン)
オプトが開発した、国内初のインターネット上における広告効果測定ツールのこと。2019年11⽉、イルグルム社(https://www.yrglm.co.jp/)との戦略的パートナーシップを組み、譲渡いたしました。
 
※8 ONE's Data(ワンズデータ)
Google Cloud PlatformのBigQueryを最大活用した、データ活用プラットフォーム。ウェブやアプリでのユーザー行動を独自で開発したタグや各社計測パートナーと連携して計測可能にするとともに、各社の所有するデータプラットフォームや基幹システムのデーターベースと接合し、企業が保持するファーストパーティデータ(企業が自社で蓄積したユーザーデータのこと)のサイロ化を解決いたします。広告プラットフォーマーのサーバーサイドAPIに広く対応しており、蓄積、分析、施策活用まで一元管理いたします。
(詳細)https://onesdata.com/

【株式会社オプトについて】
オプトは、ミッションステートメントに「デジタルで、この国の新しい基本をつくる。」を掲げ、広告事業を通じ、持続的な成長を志す企業に伴走し、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造する企業です。
一人ひとりが「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなり、FAT(フェアネス:公平性、アカウンタビリティ:説明責任、トランスペアレンシー:透明性)をテーマに、従来の慣習に囚われることなく、広告事業を通して、生活者やお客様起点で心地よい体験を提供してまいります。


■会社概要
設立年月:2015年4月1日
資本金:1億円(2020年12月末現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 栗本 聖也 
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容:広告事業 
URL:http://www.opt.ne.jp

■報道に関するお問い合わせ
株式会社オプト 広報担当:生嶋
Tel:080-7254-9663  E-mail:pr@mg.digital-holdings.co.jp