• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
2019/11/12

オプト提供のLINEのMessaging API配信ツール「TSUNAGARU」、リッチメニューの切り替え機能をバージョンアップ


デジタルシフトをリードするInnovation Agency株式会社オプト (本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、当社が提供するLINEのMessaging API配信ツール「TSUNAGARU(つながる)」(※1)において、リッチメニューの切り替え機能をバージョンアップしました。

リッチメニュー切り替え機能とは、LINE公式アカウントに設置されたリッチメニューに表示するコンテンツを、ユーザーごとに切り替えることができる機能です。

今回のバージョンアップでは、広告主企業の担当者がTSUNAGARUの管理画面からリッチメニュータブの設定を変えられる機能を追加しております。本機能を活用することで、ユーザーの趣味嗜好に合わせた最適なリッチメニューの表示をリアルタイムで設定変更ができるため、トークルーム内でのユーザーとのコミュニケーションの活発化に繋げることができます。


今後もオプトでは、「LINE Biz-Solutions Partner Program」の認定パートナーとして、企業のニーズに合わせたシステム設計、導入支援、ツール開発、ASP提供を行い、企業のアプリマーケティングの支援をしてまいります。

以上

※1「Messaging API」配信ツール「TSUNAGARU」
株式会社オプトがLINE公式アカウント開設企業向けにASPサービスにて提供し、「Messaging API」配信をより高度に活用することができるマーケティングツールです。
また、本サービスは広告配信機能のみではなく、企業の事業サービスの一端を担う機能提供も行っており、事業開発、事業発展のために活用することができます。
IDシンク、メッセージ配信、BOTによる自動応答、AIチャット、バーコード表示、アンケート作成、クリックデータ収集、「LINE Beacon」管理、MA(マーケティングオートメーション)機能、コールセンターサポートなどの機能を搭載し、「Messaging API」配信を導入・実装する上での企業のシステム開発負荷を大幅に軽減し、LINEを含めたネット広告領域の効果の最大化を実現いたします。
詳細は、http://tsunagaru.linebc.jp/をご覧ください。

※「Messaging API」とは
「Messaging API」は、LINEアカウントを通じたユーザーとの双方向コミュニケーションを実現する、LINE社が提供するAPI(Application Programming Interface)です。Messaging APIを活用することで、ユーザーへの一方的なメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや自社システムとLINEアカウントを連携させることで、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。(※LINE社が LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。)

【株式会社オプトについて】
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

■会社概要
設立年月:2015年4月1日 
資本金:1億円 (2018年12月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:https://www.opt.ne.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社オプトLINE戦略部 早田
e-mail)t.hayata@opt.ne.jp 

■報道に関するお問い合わせ
株式会社オプト 広報担当:生嶋
e-mail)info@mg.opt.ne.jp  TEL)080-7254-9663