WEB PR

インターネット広告の相乗効果を生み出すWEB PR

物質的に豊かになり、モノの選択肢が増え続ける昨今、生活者の広告に対するイメージは懐疑的になりつつあります。
そこで、広告を信じにくくなった生活者を振り向かせるためには、先に伝えたい情報に関連する「空気づくり」を戦略的に仕掛けていくことが大切になってきました。
WEB PRは、生活者が消費者行動を起こす前の「空気感」をつくり、商品やサービスへの興味喚起を促進させる大事な役割を担います。

大手ポータルサイトへの記事掲載によるリーチ拡大 および記事内容に対する共感性の育成

大手ポータルサイトでの記事掲載によりリーチ拡大が可能。検索クエリ結果に影響を及ぼすほか、副次的なサイト流入数増加への期待や、記事のアーカイブによるSEO効果なども大きい。

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで 共有されたリンクは検索順位に直接影響を及ぼす

googleやBingは、TwitterとFacebookにおけるリンク共有行動の評価が、共有を行う人や組織に基づいて行われていることを遂に明言。前述の通り、ソーシャルメディア上のタイムラインの35%以上を占めている「ニュース」への意図的な情報発信を図ることは今後ますますSEO的に重要度を占めるものと考えられる。

20代から40代の男女がTwitterで発信する情報の種別は、48.1パーセントが「自分の今の感想を書く」、47.4パーセントが「人がつぶやいたことに反応(RT)する」、34.1パーセントが「WEBで話題のニュース」、28.1パーセントが「食べたもの、行った場所などの写真/ライフログ」、18.5%が「友達との連絡手段」、12.6パーセントが「オススメ商品」、22.2パーセントが「その他」として使用しています。

[出展] KARTZ MEDIA WORKS:「20代~40代の男女がTwitterで発信する情報の種別」

WEB PRを活用した伝播フロー

pr-img-04.png

さらにWEB PRはいま、話題のソーシャルマーケティングの「第三者を介して生活者へと伝播させる」というプロセスが類似しています。生活者からの信頼度が高く、ソーシャルメディア上のタイムラインの35%以上を占めている「ニュース」への意図的な情報発信を図ることが可能なため、生活者の話題(知人からの推奨、インターネット上の生活者の意見)量を副次的に増やすことが期待できる次代のマーケティング手法であると言えるのです。

pr-img-05.png

WEB PRに関するナレッジ記事