RECRUIT 2018 株式会社オプト  採用サイト

ホーム > 社員インタビュー > 2007年入社 / K.E

2007年入社 / K.E

2007年入社 / K.E

ブランド戦略営業部
2007年入社 / K.E
自分自身のアクションが大事で、自らが動けば、必ず結果はついてくる

どうしてオプトに入社しましたか?

就職活動をしている時は、将来の明確な夢はなかったです。だからこそ、夢を持ったときに諦めることなく叶えられる能力・実力を持つ為に、どんな変化にも対応出来るようになりたくて、人一倍成長出来る企業に入ろうと思っていました。そのために自分自身で考えて、前のめりに、情熱を持って突き進んでいける、そんな会社を求めてオプトを選んだ記憶があります。組織の歯車ではなく、エンジンになるぞ!という熱い気持ちを持っていました。
オプトへの決め手となったのは、会社の価値観と鉢嶺さん(現・オプトホールディング代表取締役社長CEO)の人柄です。私は、会社とそこで働く社員の「価値観」の一致がすごく大事だと思っていて、挑戦や成長を大事にしていた私にとって、オプトはとてもしっくり来たなという印象がありました。オプトの面接では、学生の私から見てもマニュアルに沿ったものを誰もやらなかったということがとても印象的で、面談して頂いた社員の方々が良い意味で自分勝手で、楽しそうで、バリバリ働いていて、そんな社員の姿や考え方にとても惹かれました。最後に鉢嶺さんにお会いしたのですが、「何でも挑戦してみなさい」と言わんばかりのおおらかな印象を受けました。社員との面談も合わせて、コレがオプトの社風なんだなと感じたのを覚えています。

これまでで最も自分自身が成長したと感じられるプロジェクトは何ですか?

常に成長機会があり、成長実感も感じていますが、最も成長したなと感じたのは、入社2年目に新設部署の立ち上げメンバーにアサインされ、新規のクライアントの営業を担当させていただいた時です。当時は営業が4人しかいない部署だったので、まだ2年目であるということは一切関係なかったですね。人数が少ない事から、色んな事を自分自身でやらなくてはいけない状況でしたが、その分裁量は大きかったです。

2年目ながら自らチームメンバーを巻き込み、予算計画や提案書の作成等、色んな挑戦をさせて頂きました。上手くいった事もいかなかった事もありましたが、自ら動けば、誰かが応援してくれ、必ず結果はついてくるということを学びました。自分自身にも自信を持つことができ、それはその後の仕事にも大きく寄与しています。
また少し会社の話になりますが、この経験は良くも悪くも自分次第、というオプトの社風を身体で感じさせてくれました。出る杭は打たれると言われますが、出る杭は皆が応援してくれる、そんな社風だと思います。ただ間違ってはいけないのは、会社が個人を「成長させてあげる」のではなく、あくまでも自立ありきの応援です。成長のためのアクションを、自ら発信できる人たちの集合体がオプトだなと思います。

あなたのキャリア将来像を教えてください。

一人の女性として常に美しく、そして母親として、子どもや家族を幸せにしたいです。
出産ギリギリまで働き、出産後も可能な限り早く復帰したのは、自分の思い描いていたプラン通りです。元々「出産や妊娠を経ても、第一戦で働き続けたい」と思っていました。実は、妊娠が発覚する前に昇進の話があったのですが、あまり前例が無かった事もあり、不安な気持ちがあったのも事実です。しかし上司から「榎本を事業部長にしたいと思っている。例え妊娠して、産休に入ったとしても、榎本が事業部長に相応しいと思っている。だからといって妊活の歩みを止める必要はない。それも大切なことだから応援しているよ」と。自分が思いもしない言葉をかけて頂き、いまの新たな挑戦をさせて貰っています。今後も様々な挑戦を通して、最終的に「世の中の大きな課題を解決できる希少価値の高い人材になる」ということを目指していきたいと思っています。

INTERVIEWS

RECRUIT