RECRUIT 2018 株式会社オプト  採用サイト

ENTRY

ホーム > 社員インタビュー > 入社6年目 / S.S

入社6年目 / S.S

入社6年目 / S.S

マーケティングプランニング部
入社6年目 / S.S
クライアントとの対話を通じて本格的な課題を明確化すること

どうしてオプトに入社しましたか?

大学・大学院と6年間考古学を専攻し、毎日発掘と研究の日々を過ごしていました。とても没頭していて、毎日がとても楽しかったんです。そこで就職活動では、私の第二の考古学となりうる、がむしゃらに没頭できる仕事を、業界問わず探していました。また、私は良くも悪くも環境に順応するタイプのため、より厳しい環境や向上心高く頑張っている社員がいる企業を求めていました。その方がより自分に負荷もかかりますし、自分の成長にも繋がると思っていました。

そんな中、面接を担当した女性社員の話を聞いて、若いながらに大きな裁量を持って、ばりばり仕事をしている姿に大きな魅力を感じました。この会社なら、自分が求めていた「没頭する」という事を必ず実現出来ると感じ、オプトに入社しました。
入社6年目の今改めて感じることですが、オプトは意欲があればいくらでも挑戦する機会がある会社です。当たり前ですが、ただ会社が何かを与えてくれる訳ではありません。しかし、成果を出せば、周りがちゃんと見ていてくれていますし、それを評価してくれます。そして、結果的に何か新しいプロジェクトが立ち上がるときに声がかかったり、自分から「やりたい」と発信していく事も受け入れてくれます。年齢や年次、役職も性別も全く関係ありません。成長意欲の高い人にはこの上ない環境かなと思います。

今の仕事の内容や、やりがいは何ですか?

現在は、クライアントの新規開拓をミッションに、プランナーを担当しています。クライアントと向き合いながらマーケティング課題の抽出とデジタル領域の戦略立案、実行プランの策定を行っています。
私の仕事の大半は、クライアントからご相談を頂き、課題を明確にするところからスタートします。ご相談を頂く際は、現状に悩まれている時か、新しいことに挑戦されようとする時です。そんな時にご提案した戦略を採用し、オプトをこれからのパートナーとして選んで頂けることは、大きな責任を伴いますが、同時に非常にやりがいのある仕事だと感じます。

クライアントの課題は、効率化、売上拡大、新規のユーザーの獲得、ユーザーへのサービス認知等、非常に様々です。時にはクライアント自身が課題全てを把握出来ていない事もあります。そのため、クライアントとお話をさせて頂く中で、ご相談に至った背景を適切に把握すること、そこから「本質的な課題」を明確化し、課題解決のための最適な提案でお応えすることが非常に重要です。オプトは、課題を解決するための手法をとても多く持っているので、あらゆる選択肢が考えられます。その分難易度は高くなりますが、それが楽しさでもありますね。

これまでで最も自分自身が成長したと感じられるプロジェクトは何ですか?

新規提案を3案件連続で失注、その悔しさをばねに様々な対策を講じ、オプトとして新領域のクライアントを受注した時です。
その時は、周囲に貢献できていないという焦りと、何とかしてこの状況を打破しなければという思いでした。「何故こんなにコンペで勝てないのか」と。苦しかったですが、とにかく愚直に向き合い続けるしかありませんでした。
そこから、これまでのプロセスを全て一から見直しました。足りなかったものは何か、どうすれば短い期間で信頼関係を築けるのか、オプトだからこそ提供できる価値は何か。時には、提案後に再度訪問し、クライアントにフィードバックを求める事もありました。それら思考錯誤の結果、1つの対策として「初回訪問時」にいかにクライアントにオプトへの期待値を高めて頂くかが重要だと考えました。

そこで、それを目的としたケイパビリティと呼ばれる、オプトの良さをより分かりやすくお伝えするための会社説明資料を、新たに0から見直す事にしました。絶対に妥協はしたくなかったので、自分の知識やノウハウのみでなく、オプトの英知を結集した資料を作る事にこだわりました。社内の様々な領域のスペシャリストを巻き込み、資料の内容も徹底的に考え抜きました。
そんな試みの結果か、オプトとしての新しい領域である、大手ラグジュアリークライアントを受注することができました。この経験から、苦しい時こそ自分にできることを1つ1つ愚直に一生懸命向き合うことで、必ず状況は好転していくこと。そして何より、会社やチームとして向き合う事で、クライアントへより高い価値をご提供できることを、身を持って学びました。
この体験は、現在の自分の考え方の礎となっています。

あなたのキャリア将来像を教えてください。

短期的な目標としては、「クライアントの歩むべき道を照らすようなプランナーになる」ことを目指しています。頂いたご与件に100%お返しするだけでなく、常に多角的な視点で本質を捉え、上流から落とし込んだクライアントの半歩先を行く提案を行い、本当に信頼して頂けるパートナーになりたいです。まだまだ、力不足な点が多く、日々勉強です。
長期的なありたい姿を考える上では、「常に楽しんでいたい」という大切にしたい価値観があります。私は挑戦すること、達成することが楽しさの要なので、これからも貪欲に200%成長をめざし、色々な事に挑戦していきたいと思います。その折々で様々なことを学び、楽しみながら前に進んでいければと。そして、6年前ドキドキしながらオプトの採用面接を受けていた私のように、こんな先輩と一緒に働きたい!と思ってもらえるような社員になれたら最高ですね。

INTERVIEWS

RECRUIT