• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
2017/10/16

オプト 伴大二郎が電子書籍「モバイル時代のCRM~スマホで顧客コミュニケーションはどう変わったか?~」を出版

Markezineを運営する翔泳社より10月15日に発売

株式会社オプト マーケティングマネジメント部マネイジングディレクターの伴大二郎がマーケター向け専門メディア「Markezine」を運営する翔泳社より電子書籍「モバイル時代のCRM」を出版いたしました。

スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの普及によって、マーケティングの在り方は大きく変わりました。モバイルの登場により、デジタルとリアルの連携が加速しCRMのメインテーマである「顧客」と「データ」をいかに扱っていくかが重要になってきています。情報の発信と受容のあり方、消費者と企業の間のコミュニケーションは日々変化していますが、本書ではその根底にある不可逆的な変化について「モバイル」をキーに、メール、アプリ、LINE、ソーシャルメディアといった顧客接点別に企業のデータ活用の事例をシステム設計から運用PDCAにわたって解説しております。

なお本書籍は2016年6月~12月までMarkezineにて連載した記事を加筆修正した内容となっています。

■書籍詳細

201710161213_3-250x0.png
 
タイトル 「モバイル時代のCRM」
著者 株式会社オプト(伴大二郎)
販売価格 756円
Amazon販売ページ http://amzn.asia/faD6SxH
書籍紹介ページ http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798154664
(※Amazon以外の各オンライン書店へのリンクはこちらよりご確認ください)

■執筆者紹介
201710161213_3-200x0.jpg
 
伴 大二郎(ばん だいじろう)
株式会社オプト マーケティングマネジメント部 マネイジングディレクター 兼 ブランドコミュニケーション・アナリティクス部 部長。小売業でデータマイニングやCRMを10年担当した後にオプトに入社、カスタマージャーニーやカスタマーエクスペリエンスなどユーザー視点を軸にマーケティング全般のコンサルティングに従事。

以上