• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社オプト
2016/08/23

オプト、LINE ビジネスコネクト配信ツールTSUNAGARUにてチャットの「振り分けオプション機能」を実装

  オプトグループの株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)が提供する、LINE ビジネスコネクト(※1)配信ツール「TSUNAGARU(※2)」の「One to Oneチャット(※3)」に、「振り分けオプション機能」を実装したことについて、お知らせいたします。

 「TSUNAGARU」が基本機能として提供してまいりました「One to Oneチャット」に、この度、新たに「振り分けオプション機能」を追加することで、ユーザーからのさまざまな問合せ内容に応じて、適切なオペレーターもしくは拠点に問い合わせを振り分け、LINE上で応対することが可能となりました。

■本機能の使用イメージ

201608231143_1-550x0.png
 

①    問合せ内容による担当振り分け
-    ユーザーがLINEトーク画面に特定キーワードを入力することで、自動応答機能が発動します。
-    ユーザーからの問合せに自動botが返答、問合せ内容を聞きます。
-    問合せ内容(資料請求、オーダー、商品に対するQ&A、クレームなど)により、担当する専門のオペレーターにチャットが振り分けられ、オペレーターの管理画面にチャット着信のアラートが送信されます。
-    アラートを受信したオペレーターが管理画面上からユーザーとのチャットに応対します。
自動botによる一次対応を行うことにより、現状のオペレーターの稼働席数を縮小することができ、応対コストの大幅な削減につながります。

②    本店⇔支店などの拠点間振り分け
-    LINEトーク画面に特定キーワードをユーザーが入力することでチャット機能が発動します。
-    マスターオペレーター(本店・本部・本社など)がユーザーからの問合せに対応します。
-    ユーザーの希望(居住地や希望エリア、商品内容、コース内容など)を聞き、一次受けを終了します。
-    マスターオペレーターが管理画面上から応対する拠点を選択、拠点担当(支店・支部・支社などの担当者)の管理画面上へアラートが送信されます。
-    アラートを受信した拠点担当者が管理画面上からユーザーとのチャットに返答します。
LINEで問合せを受け、電話でフォローを行っていた企業は、ユーザーからの問合せをLINE上でのコミュニケーションに統一することが可能となり、問合せ応答率を大幅に伸ばすことが可能となります。

■今後について
オプトは、「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」の認定パートナーとして、今後も企業がLINE ビジネスコネクトを活用するために必要な、システム設計、導入支援、ツール開発、ASP提供を行っております。この度の機能追加に伴い、LINE ビジネスコネクト及びアプリマーケティングのさらなる支援・CRM活用による事業成長支援を加速させてまいります。

以上

※1「LINE ビジネスコネクト」とは
LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。
※LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。
  詳細は、http://lbc.line.me/ をご覧ください。

※2「TSUNAGARU」とは
株式会社オプトがLINE公式アカウント開設企業向けにASPサービスにて提供し、LINE ビジネスコネクトのメッセージ配信ができるマーケティングツールです。
LINE上のユーザーと企業のユーザーを紐づけるIDシンク機能、メッセージ配信機能、自動応答機能、ユーザーからの問合せに返答する個別チャット機能を搭載。さらにオプション機能として、メッセージの配信シナリオ設定、クラスタ抽出、購買ユーザーに対してのLINEでのステップメッセージ配信、アンケートデータ・クリックデータによるセグメントメッセージ配信機能の利用も可能です。
簡易なタグ設定のみで導入ができ、LINE ビジネスコネクト開始時の企業のシステム開発負荷を大幅に軽減し、LINEを含めたネット広告領域の効果の最大化を実現いたします。
詳細は、http://tsunagaru.linebc.jp/ をご覧ください。
(スマートフォンの場合は、http://tsunagaru.linebc.jp/sp よりご確認ください。)

※3「One to Oneチャット」とは
リッチメニューのボタンを押す、または予め指定したキーワード・画像・スタンプ等をユーザーがトーク画面に入力することでチャットモードが起動、企業側のオペレーターがLINEトーク上にメッセージを送信し、チャットをすることで個別のお問い合わせに応対できる機能です。
企業への問い合わせ、キャンペーンの当選連絡、画像による商品査定、来店予約・前日確認、販売中の商品・サービスに対する問い合わせなど、様々な用途にご利用いただけます。

【株式会社オプトについて】
オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。 

■会社概要
設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億円 (2015 年 4 月 1 日現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:e マーケティング事業
URL:http://www.opt.ne.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社オプト LINE戦略部 神藤・馬場
e-mail)line-bc@cg.opt.ne.jp 

■報道に関するお問い合わせ
株式会社オプト 広報担当 田中
TEL)03-5745-3547
e-mail)info@mg.opt.ne.jp