• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
2015/02/25

グルーバー、広告プラットフォーム 「logly lift」と連携開始

オプトグループの株式会社グルーバー(本社:東京都千代田区、代表取締役 CVO:千島 航太)が提供するネイティブアド・コンテンツマーケティングの効果測定・分析ソリューション「TRIVER」は、ログリー株式会社(本社 : 東京都渋谷区、代表取締役 : 吉永 浩和)のコンテンツによるマーケティングのための広告プラットフォーム「logly lift」と計測連携を開始いたしました。

 201502251837_1.png


【背景・目的】
2014年から国内でもネイティブアドに注目が集まり、数々のネイティブアドネットワークが生まれました。ユーザーとの接点を拡大するために、複数のネイティブアドネットワークから配信することは有効ですが、ネットワーク間を横断したユーザーの行動や、接触頻度、重複状況などが見え辛くなり、配信先メディアの最適なアロケーションが難しい状況でした。
 
また、従来の広告効果測定ツールでは、誘導ページからランディングページへのユーザー行動を計測するには十分でしたが、ユーザー本来の目的であるコンテンツページ(記事など)にどうやって来訪し、どのように閲覧し、どのような態度変容が起こったのか?を可視化できないことにより、コンテンツの適正な評価を行えないことが問題となっています。
 
こうしたネイティブアドやコンテンツマーケティングにおける課題を解決すべく、「TRIVER」と「logly lift」が連携を開始いたします。今回の連携により、「logly lift」が連携するPC・スマートフォンを対象に展開しているメディアの延べ40億インプレッションのネイティブアド広告在庫に対して、誘導元メディアからコンテンツページ、広告主様サイトまでの来訪経路・閲覧状況分析を「TRIVER」の管理画面上で一元管理できるようになります。
 
「TRIVER」は、今後も国内外のネイティブアドの配信事業者との連携を進めることで、従来の直接コンバージョン(CPA)指標だけでなく、良質なコンテンツやネイティブアドの新たな評価指標の普及を推進して参ります。
 
■「TRIVER」とは
グルーバーが2014年11月に提供を開始した、広告主様のネイティブアド・コンテンツマーケティングの効果測定と、メディア企業様のコンテンツ企画・制作・流通を支援する、各種分析・レポーティングをワンストップで実現するソリューションです。
今後は更に、広告やコンテンツに接触したユーザーのペルソナ分析やコンテンツ間の相関性等を可視化し、複合的な分析による業種・サービス毎の新たな評価指標の定義や、それに基づく良質なコンテンツを企画・制作、コンテンツの最適な流通方法を提供してまいります。
 
■「logly lift」とは
企業のオリジナルコンテンツを媒体のネイティブ広告として配信するサービスです。 ネイテ
ィブ広告として配信される企業のオリジナルコンテンツは、媒体コンテンツと統合して配信さ れるため、高い誘導率とエンゲージメント(消費者とブランドの結びつき)が期待されます。当社がレコメンド技術で培ったノウハウにより、媒体コンテンツと関連性が高く、かつ消費者の関心が高い企業のオリジナルコンテンツを自動で掲載します。
また、「logly lift」によって広告配信される媒体には、ログリー株式会社の媒体用レコメンドサービス「logly lift for Publisher」で形成された媒体ネットワークをはじめとして、認知度の高いプレミアムな媒体が揃っています。

 

以上

■株式会社グルーバー(Grooover, inc.)について
【会社概要】
設立年月:2014年9月1日
資本金:50百万円
代表取締役:千島航太
事業内容:スマートデバイスのネイティブ広告事業、メディア支援事業
URL: http://www.grooover.com/

■報道に関するお問い合わせ
株式会社グルーバー 担当 二宮
TEL)03-5745-3890
E-MAIL)contact@mg.grooover.com