• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社コネクトム
2015/04/22

コネクトム、LINE ビジネスコネクト配信ツール『TSUNAGARU』と連携 ~ 店舗・商品・在庫等のデータを連携し、実店舗への集客を促進~

オプトグループの株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮、以下コネクトム)は、株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)の提供するLINE ビジネスコネクト配信ツール『TSUNAGARU』と連携し、コネクトムが国内総代理店を務める“店舗・商品データプラットフォーム『Retailigence(リテーリジェンス)』” を活用した『stores & items オプション』の提供を開始します。
 
『stores & items オプション』は、店舗/商品(/在庫)情報のデータをクラウド上で管理し、LINE利用ユーザーのニーズに合わせてコンテンツを自動的に取り出したメッセージ配信を可能にする、LINE ビジネスコネクト配信ツール『TSUNAGARU』のオプション機能です。
これにより、「どの最寄り店舗に、欲しい商品の取扱いや在庫があるか」といった、購買行動がオムニチャネル化している生活者が求める情報(※1-a)を、LINEを通じて提供することが可能になりました。本機能を活用することで、コンテンツへの反応率や来店率を高める効果が期待できます(※2)。
 
当サービスを、店舗で実物を確認するニーズが強い商品を扱う企業、または、実店舗での売上比率が高い流通及び小売全般の企業がご利用頂くことにより、より効率的な店舗への集客力向上が期待できます。近年、製品スペック比較後に購買意思決定をする商品群に対し「インターネットでの情報収集後に製品の実物を店舗で確認する(※1-b)」という生活者の行動が顕著に見えることから、特に家電製品などを扱う企業において当サービスの“商品データ連携”という特徴を活かした店舗誘導施策が有効です。
 
今後は、上記商品群を扱う企業に当サービスをご利用頂く中で、コンテンツに対する反応率・来店率向上の効果実証は勿論、新たな活用方法や顧客ニーズに合わせた補完機能の開発を目指し、当サービスを継続的に改良して参ります。
 
【『stores & items オプション』のご利用イメージ】
・生活者の位置情報に連動し、対象商品の取扱がある最寄りの店舗情報を、近い順に配信
・問い合わせ時点の在庫状況をお知らせ
・LINEの「この位置情報を送信」機能を使った正確な位置情報に対し、生活者から店舗までの距離が自動計算され表示(※3)
・近くの店舗に商品取扱がない場合、ECサイトのリンクを表示(※4)
・店舗スタッフと連携可能な取置き予約機能をオプションとして提供可能(※5)

 201504221155_1.png
 
 
※1 「オムニチャネル」化する生活者の消費行動調査
a-「事前在庫確認」「事前品揃え確認」が可能なサービスを70%以上の生活者が「利用したい」と回答
b-家電製品に対し「インターネットで商品を比較し、どの商品を買うか決めて店舗にいった」という質問に、49.2%が「よくある」「ときどきある」と回答。  
http://www.opt.ne.jp/news/pr/detail/id=2232

※2 オムニチャネルサーチでの実証実験結果
最寄り店舗の在庫表示が可能なオムニチャネルサーチ広告において、クリック率が最大33倍という結果が出ており、生活者が“在庫情報”を来店前に事前確認したいというニーズが高いことが実証されています

※3 RetailigenceAPI 距離自動算出機能
生活者の位置情報と店舗までの位置情報を自動計算し、2点間距離を自動計算し返却値として戻すことが可能です

※4 RetailigenceAPI ECサイトURL表示機能
実店舗の情報だけでなく、ECサイトの情報も格納でき、商品ページや購入ページのURLのデータ登録で可能です

※5 Retailigence Reserve & Pickup機能
取扱い店舗での取置き予約をサポートするオプション機能。店舗スタッフへメールやプッシュで予約を通知し、在庫確保完了後ユーザーへ取置き完了通知をするためのパッケージ機能
 
■LINE ビジネスコネクト配信ツール『TSUNAGARU』とは
http://tsunagaru.linebc.jp/
(スマートフォンの場合は、http://tsunagaru.linebc.jp/sp よりご覧ください。)

LINE ビジネスコネクト導入における、企業のシステム開発負荷を大幅に軽減し、簡単にLINE ビジネスコネクトでメッセージ配信ができる管理ツールです。LINE上のユーザーと企業のユーザーを紐づけるIDシンク機能とメッセージ配信設定機能を搭載。公式アカウントに近いUIの管理画面を採用しているため感覚的に操作ができ、簡易なタグ設定のみで即日導入が可能です。
 
■『Retailigence(リテーリジェンス)』とは
Retailigenceを開発・運営するRetailigence Corporation.は、米国にて多くの有名な流通小売・メーカーと連携し、「12万以上の実店舗」と「1,200万件以上の商品在庫情報と位置情報」を集約したデータベースとオープンなAPIを保有。Retailigence APIから、位置情報アプリケーション・モバイルコマースアプリケーションなどを展開するアプリケーション開発企業等へ、店舗情報や在庫情報と紐づいた商品データを提供し、実店舗への集客を促すO2O事業を展開しています。
また同社は、有力な米国ベンチャーキャピタルであるDFJや500startups等、数々のインベスターから出資を受けており、シリコンバレーにおける有望企業の一社と注目されています。
 
■『LINE ビジネスコネクト』とは
LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。『LINE ビジネスコネクト』を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。
※LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。
 
【株式会社コネクトムについて】
“ feel good ”
~お買いものをする多くの生活者に、「 ぴったり × (タイミング + 情報 + シーン) = 気持ち良い 」を~株式会社コネクトムは、ソリューション型の「マーケティング支援ノウハウ」と「高付加価値の独自サービス群」をご提供し、広告主やパートナーの皆さまの課題を共に解決します。
■会社概要
社名  :株式会社コネクトム(英名:ConnectOM, Inc.)
設立年月  :2014 年 3 月 13 日
資本金  :75 百万円
代表者名  :代表取締役社長 久米田 晶亮
所在地  :東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業ドメイン:オムニチャネルソリューション事業
主な事業内容:ロケーションベース / O2O / オムニチャネル関連のマーケティング支援事業、店舗 / 商品データプラットフォーム事業、ショッピッ!事業
URL: http://www.connectom.co.jp /
 
【株式会社オプトについて】
オプトは持続的な成長を志す企業に対して
マーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。
「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。

■会社概要
社名  :株式会社オプト(英名:OPT, Inc.)
設立年月  :2015 年 4 月 1 日
資本金  :1億円(2015 年 4 月 1 日現在)
代表者名  :代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地  :東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容  :e マーケティング事業
URL  :http://www.opt.ne.jp/
 
 【お問い合わせ先】
TEL)03-5745-3555
E-MAIL)info@ml.connectom.co.jp

■マーケティング支援事業や本サービスに関するお問い合わせ
株式会社コネクトム / 渡邉 祐貴(わたなべ ゆうき)
 
■株式会社コネクトムおよび本プレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社コネクトム 広報 / 谷津 りえこ(やつ りえこ)

以上