• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社オプトホールディング
2015/04/01

持株会社体制への移行のお知らせ

当社は、平成27 年4月1日に会社分割(新設分割)を実施、持株会社体制へ移行し、社名を「株式会社オプトホールディング」に変更しました(※1、※2)。なお、当社がこれまで手掛けてきたマーケティング事業は、本新設分割により設立した「株式会社オプト」に継承しております。

 

【株式会社オプトホールディング概要】

20150401-grouprelease01.png
商 号:株式会社オプトホールディング
主たる事業内容:グループの戦略立案および企業価値向上を目指す業務全般
本 店 所 在 地 東京都千代田区四番町6番 
代 表 者:代表締役社長CEO 鉢嶺 登
資本金:76億45百万円
決 算 期 :12 月31 日
URL:http://www.opt.ne.jp/holding/
 

【持株会社体制への背景と目的】

当社は、これまで顧客のマーケティング支援を中心に事業展開し、新規事業や成長企業を輩出してまいりました。今後は、「事業創造プラットフォーム(※3)」として、ますます多くの成長企業を生み出すことで、当社グループ企業の増加が見込まれます。
これらの戦略遂行を一層加速し、当社グループが更なる成長を実現していくためには、各事業領域において環境変化への迅速な対応力を高めるとともに、当社グループ全体の企業価値を最大化する経営体制を構築する必要があると考え、持株会社への移行を決断することといたしました。
当社が持株会社への移行を決断する具体的な目的は、次の通りです。

(1)グループ経営の強化
グループ経営の意思決定と各事業領域における業務執行の分離により、当社グループ全体
の経営効率の向上を実現させます。持株会社はグループ企業の継続的な成長を目的として、
当社グループ各社による柔軟な組織運営を維持し、意思決定のスピードを高めるとともに、
投資判断・再編を加速させる仕組みを構築することに注力いたします。

(2)各事業会社の自律的経営による効率経営の実現
1.グループ各社に権限と責任を委譲することにより、環境変化に迅速に対応し、より一
層の顧客サービス向上とコスト最適化を図ることで、グループ収益の最大化を目指します。
2.また、持株会社のアセットをグループ企業に提供することによって、各社が事業に注力
できる環境を整えていきます。

 
※1 会社分割による持株会社体制への移行及び定款一部変更(商号及び事業目的の変更)
に関するお知らせ
http://www.opt.ne.jp/files/topics/2680.pdf
※2 第21回定時株主総会決議ご通知
http://www.opt.ne.jp/files/topics/2745.pdf
※3  新しい事業やベンチャー企業を創出・輩出するための仕組み・組織を指します。

以上

<参考情報>
■新設会社 株式会社オプトの概要
201504011312_1-100x59.png
社名:株式会社オプト
事業内容:マーケティング事業
本 店 所 在 地: 東京都千代田区四番町6番 
代 表 者:代表取締役社長CEO 金澤 大輔
資本金:1億円
決 算 期: 12月31日
URL:http://www.opt.ne.jp/
 
■オプトホールディング 代表取締役CEO 鉢嶺 登メッセージ
http://www.opt.ne.jp/holding/company/message/
 
■オプトホールディング 鉢嶺CEOとオプト 金澤CEOのトップ対談
http://www.opt.ne.jp/company/message/
 
■オプト 金澤CEOのトップインタビュー
http://www.opt.ne.jp/company/message/interview/
 
■報道に関するお問い合わせ
株式会社オプトホールディング 広報担当 大野
TEL)03-5745-3624
E-MAIL)info@hml.opt.ne.jp