• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
株式会社コネクトム
2014/12/17

オプトグループのコネクトム、国内最大級のお買い物支援&実店舗の在庫表示アプリ『ショッピッ!』に 新サービス「公式アカウント」を提供開始 ~GU、バンダイ、HMVが参画 『ショッピッ!』ユーザーにブランド情報を提供~

201412171047_5-151x85.png

株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮 英名:ConnectOM, Inc. 以下コネクトム)は自社で運営するお買い物支援アプリ『ショッピッ!( http://shoppi.jp/ )』(※1) に、生活者と企業をつなぐ新サービス『公式アカウント』をスタートさせます。『公式アカウント』は、ショッピッ!内に企業ページを開設でき、フォローしてくれたファンと効果的にコミュニケーションができるサービスです。
『GU』『バンダイ』『ローソンHMV』が参画し、12月17日にサービスを開始致します。
 
■背景
『ショッピッ!』は “before you buy” をコンセプトに、生活者の購買行動をよりお得に、より便利にする “お買い物支援” に特化したサービスです。2014年5月に100万ダウンロードを突破したショッピングアプリとしては国内最大級のメディアです。
 
今や企業のFacebook活用率は約8割となり、Twitter活用率も5割を超えましたが(※2)、企業の抱える問題として、既存のSNSでは「企業アカウント数が増え、差別化が難しい」「情報が埋もれてしまう」「キャンペーンで集めたフォロワーの転換率が低い」など企業のSNS担当者の悩みは山積みな状況です。
生活者は「割引やキャンペーン情報を受け取りたいから」(※3)という理由でいいね!を押すなど、SNSで企業が発信する情報に対し需要があることは事実です。しかし、「内容が宣伝ばかりでつまらない」「投稿頻度が多すぎる」といった声が多く、31%のユーザーがいいね!を取り消す、21%のユーザーが「ニュースフィードで投稿を削除する」など、企業側との温度差も感じられます。
SNSでは、企業が生活者に届けたい情報が、競合他社や生活者同士のコミュニケーションにより埋もれてしまっていたり、生活者が求めるシーンで求める情報を届ける手段が整備されていないなど、コミュニケーションにロスが生まれています。手間をかけ作っているコンテンツを、生活者にしっかり届ける方法を模索することが企業の課題となっています。
 
■『ショッピッ!公式アカウント』とは
『ショッピッ!公式アカウント』は、FacebookページとTwitterの情報をAPI経由で取得し企業のコンテンツをショッピッ!内に掲載します。当メディア最大の特徴である “購買意欲の高い生活者” にリーチができ、フォローしたファンに対しプッシュ通知で目玉情報をしっかりと “ファンに到達” させることに特化した新しいコンテンツマーケティングの手段となっています。
 
『ショッピッ!』は商品検索から提携ECサイトへの遷移率が約40%、購買率3.6%を超える、まさに生活者がお財布を片手に利用するアプリであり、購買意欲が非常に高い生活者を保有するメディアとして成長を続けています。2014年下半期における企業とSNSと生活者を取り巻く環境の変化に対応するべく、『ショッピッ!公式アカウント』のサービス提供に至りました。
 
■『ショッピッ!公式アカウント』の特徴
・SNS情報の取得機能
Twitter、Facebookの公式アカウントへの投稿を『ショッピッ!公式アカウント』にAPIで自動取得し投稿します。企業のSNS担当者は手間なく購買意欲の高い生活者の多い『ショッピッ!』に情報を掲載できます。
 
・プッシュ通知機能
フォローしている生活者に対してPUSH通知でお得情報をお知らせし、接触機会を増やします。SNSに投稿しても見逃されていた情報をPUSH通知でしっかりお届けします。
 
・フォロー機能
生活者は本当に欲しい情報を提供するアカウントだけをフォローして、お買物前にお得情報を得ることができます。企業にとっては、購買意欲の高い生活者だけに効率的に情報を届けることができます。
 
フィード情報はYouTube、Instagram、Pinterestを順次追加予定で、2015年4月までに200社以上の参画を目指します。

▼ショッピッ!公式アカウント イメージ

201412171047_6-600x321.png


▼参画企業

201412171047_7-600x129.png
▼ショッピッ!ダウンロードQRコード

201412171047_8-600x186.png


 

以上

(※1)
「ショッピッ!」はiOS版、Android版で提供しており、「ショッピッ+plus」はiOS版のみの提供となっております。現在、これら2つのアプリに機能上の違いはありませんが、今後「ショッピッ+plus」への統合を予定しております。
(※2)
NTTコム リサーチ結果
第6回 企業におけるソーシャルメディア活用に関する調査
http://research.nttcoms.com/database/data/001902/
(※3)
SMMLab【アンケート調査結果大公開!】ユーザーは企業のFBページをどう見ている?~Facebookユーザーの企業・ブランドFacebookページ利用実態調査~
http://smmlab.jp/?p=2852

【株式会社コネクトムについて】
 ”オムニチャネル時代の生活者へ、ニーズを超えた「楽しさ」と「便利」を提供する“
株式会社コネクトムは、ソリューション型の「マーケティング支援ノウハウ」と「高付加価値の独自サービス群」をご提供し、広告主やパートナーの皆さまの課題を共に解決します。
URL: http://www.connectom.co.jp/ 
 
会社名:株式会社コネクトム(英名:ConnectOM, Inc.)
所在地:〒102‐0081
東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
代表取締役社長:久米田 晶亮
取締役:八田 浩 / 三浦 大治郎
設立日:2014年3月13日
資本金:75百万円
事業ドメイン:オムニチャネルソリューション事業
主な事業内容:オムニチャネルマーケティング支援事業 / Retailigence事業 / ショッピッ!事業
リアル店舗の商品・在庫データを格納できるデータベースと、生活者位置情報をキーとしてコンテンツ自動配信が可能なAPIを提供するソリューション「Retailigence」を活用し、リアル店舗の商圏内にいる生活者のスマートフォンを主なターゲットとしてプロモーションをする「オムニチャネルマーケティング支援サービス」を中核に展開。
 
■ショッピッ!公式アカウントに関するお問い合わせ
株式会社コネクトム 塩沢 篤
TEL)080-4732-4690
E-MAIL)support_shoppi@ml.connectom.co.jp
 
■株式会社コネクトムに関するお問い合わせ
株式会社コネクトム 広報:谷津 りえこ
TEL)03‐5745‐3555
E-MAIL)info@ml.connectom.co.jp

【株式会社オプトについて】
オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。
「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。

【会社概要】
設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億 (2015 年 4 月 1 日現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:e マーケティング事業
URL:http://www.opt.ne.jp/