• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
4357_ext_03_0_L.png
2018/05/14

【お知らせ】オプトグループの(株)SIGNATE 齊藤 秀が「世界デジタルサミット 2018」セッションに登壇

「世界デジタルサミット 2018」では、デジタル技術をリードする有力企業経営者トップや有識者が国内外から招かれ、AIの進化が社会や経済にどのような影響を与えるのか、第5世代(5G)通信やサイバーセキュリティなどの動向とともに議論されます。
 
今回、コンペティション型AI開発を手掛ける(株)SIGNATEの社長 齊藤 秀は、セッション「AI・ビッグデータが促すデジタル革命」にパネリストとして登壇します。
 
■セッション内容
・名 称:
世界デジタルサミット2018 ―シンギュラリティへの挑戦― セッション1「AI・ビッグデータが促すデジタル革命」

・概 要:
ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる手法により、人工知能(AI)の性能が急速に高まっています。画像認識やゲームなど特定の分野では人間を超える能力を持つようになっており、医療や金融など多様な分野で利用が広がりつつあります。AIやビッグデータは産業や社会をどう変革していくのか、さまざまな視点から討議します。

・日 程:6月4日 11:15~12:35

・パネリスト:
齊藤 秀 ((株)SIGNATE 代表取締役社長)
藤原 洋 氏(インターネット総合研究所 代表取締役)
ピーター・ソンダーガード 氏(米 ガートナー エグゼクティブ・バイスプレジデント)
保科 学世 氏(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京共同統括 マネジング・ディレクター)
杉山 将 氏(理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長)

・モデレーター:関口 和一氏(日本経済新聞社 編集委員)
 
▼「世界デジタルサミット 2018」の参加申込は下記サイトをご利用覧ください
http://www.digital-summit.jp/2018/index.html
 

以上

【参考】講師略歴
(株)SIGNATE 代表取締役社長 齊藤 秀

[ 学 歴 ]
2001年 北海道大学大学院工学研究科システム情報工学専攻修士課程修了
2011年 九州大学大学院システム生命科学府にて学位取得:博士(システム生命科学)

[ 略 歴 ]
バイオ・ヘルスケア領域を中心に幅広い業種のデータ分析・共同研究・コンサルテーション業務に従事。 
2013年2月 日本初のデータ分析コンテストサービスを設立
2013年12月(株)オプトにてデータサイエンス研究開発組織、データサイエンスラボ設立
2018年4月  (株)SIGNATEを設立

社内外のデータサイエンス・AIプロジェクトにおいて、企画・データ取得・分析・モデリング・運用まで幅広く支援。SIGNATEにて、多数の企業・行政のデータ活用コンペティションを実施。
 
様々な産業領域のビッグデータ活用のデザインを推進、経済産業省 政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備に関する検討会 委員。
データサイエンス人材育成にも注力し、未来投資会議 第4次産業革命 人材育成推進会議 第1回講師。
自民党教育再生実行本部 第2回成長戦略のための人材教育部会講師。
筑波大学人工知能科学センター 客員教授、理化学研究所 革新知能統合研究センター 客員研究員として、人工知能の研究に従事。
国立がん研究センター研究所 客員研究員として、ビッグデータ創薬の研究に従事。