ディスクロージャーポリシー

当社は、下記ディスクロージャー・ポリシーに基づきウェブサイトをご覧の皆様に情報を公開しております。

1.ディスクロージャーの基準
 当社では、東京証券取引所の定める適時開示規則に沿ってディスクロージャーを行っています。投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、東京証券取引所から照会があった場合、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合に適時開示を行っております。 また、当社では、会社説明会での発表内容等、適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針を持っております。

2.情報の開示方法
 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet) にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、当ウェブサイトに速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報においても、投資家の皆様の損益に関わる事項に関しては、適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っております。

3.将来の見通しに関して
 当社では、東京証券取引所に提出する収益予想に加えて、機関投資家説明会や決算時の証券アナリスト説明会資料等、見通しに関する資料を提供する場合があります。 また、ニュースリリース、質疑応答、当社の発行する書面、ウェブサイト記載内容等には、現在の計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。 それらの情報は、現時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は、様々な要因の変化により大きく異なることがありえますことをご承知おき下さい。実際の業績に影響を及ぼす可能性がある要因には、主要市場における経済状況及び製品需要の変動、為替相場の変動などが含まれます。

4.本ウェブサイトの位置付け
 本ウェブサイトは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方々を対象に、開かれています。公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報を本ウェブサイトに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもありえますことをご承知おき下さい。 また、本ウェブサイトには当社がディスクローズしている情報の全てが掲載されていない場合があります。 また、他の方法で開示された情報とは異なった、ウェブサイトで理解しやすい形に変換している場合もあります。本ウェブサイトを利用されるにあたりましては、これらを十分にご理解頂いた上でのご利用をお願い致します 。