• feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
Journal 2015/10/30

【海外アドテクブログ更新! Global Adtech】Google&Facebookと真っ向勝負!ついに動き出した米国テレビ広告業界の"デジタル"化

デジタルへの広告予算移行が止まらない中、ついに米ケーブルテレビ最大手コムキャスト(Comcast)が動き始めました。同社の持つセットトップボックスとケーブルテレビ加入者によって利用されている同社ストリーミングアプリから得られる視聴データのライセンス提供に関して、ニールセンや大手テレビネットワークと交渉を進めているとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えています。

TV Ads Are About to Get Personal With New Targeting Tools Bloomberg Business
画像:TV Ads Are About to Get Personal With New Targeting Tools - Bloomberg Business

Magna Globalによれば、2015年のテレビ広告予算は昨年比3.5%減の633億ドル、一方のデジタル広告は17%増の577億ドルになると予測されています(上画像参照)。また、Magna Globalは2017年までにデジタル広告がテレビ広告の予算を上回ると見ています。

この状況に対し、ブルームバーグは先月末、NBCユニバーサル、ターナー・ブロードキャスティング、バイアコムといったテレビ広告業界の大手が、セットトップボックスのテレビ視聴データや、クレジットカードデータ、オートモービルデータなどを利用し、適切なオーディエンスにターゲティング広告を届けられるようにすることで、GoogleやFacebookといったデジタル広告大手と真っ向勝負を仕掛け始めていると伝えていました。(つづきを読む・・・)


※この記事はExchangeWire JAPANでも掲載中です。

3146_ext_06_0.png

海外のアドテク情報を更新中!
  【Global Adtech】
http://global-adtech.jp/blog/
https://www.facebook.com/global.adtech.jp