動画広告
  • feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
Journal 2015/06/29

【第14回オンラインビデオラボ】みんなのメイク、メイク動画に関するユーザーの意識調査を実施

第14回目となる今回は、株式会社オプトが運営する、みんなでつくるメイク動画の投稿サイト「みんなのメイク」(http://mutv.jp/) が、同サイトで実施した、メイク・動画に関する意識調査の結果をご紹介したいと思います。
 
「みんなのメイク」とは、2012年よりサービス開始したメイクやネイル、ヘアアレンジなどの方法を動画で共有してたのしむサイトです。「あの人はどんなメイクをしているの?」「みんなの愛用アイテムやコツを知りたい!」という好奇心あふれる方に、リアルな情報であるメイク動画を投稿・閲覧できる場を提供します。投稿する人も、閲覧する人も、メイク動画をたのしみながら、みんなでキレイにカワイくなろう!というサービスです。会員になると、イベントやモニター企画等に参加することができ、最新コスメをいち早く試したり、プロから直接メイクのテクニックを教えてもらうことが可能となります。

201506291206_8-300x0.png 201506291206_9-300x0.png

みんなのメイクでは、モニター会員430名 (内 10 代~30 代 が 87.7%)を対象にアンケート調査を実施しました。
 
■今回の調査のポイント

・動画視聴後、約60%のユーザーは実際にコスメ関連商品を購入している。購入に至らない場合でも、約80%はメイクに関する興味・関心を増幅させている。
・約50%のユーザーの動画視聴時間は昨年と比較して増加している。
・メイク動画視聴後のアイテムに対する評価は総じてポジティブ。実際に動画で使用していたアイテムを買う人は4割以上と、消費行動に動画が影響していると言える。 

■調査結果データより

201506291214_1-600x0.png
毎月のビューティ関連(化粧品、美容室、エステ等)にかける費用が10,000円以下の人が74.7%という中、賢い買い物をするため、メイク動画という、見た目にわかりやすく、実際の使用者の本音を聞くことができる方法で、情報収集を行い、取捨選択を行っている人が増加しています。


201506291206_11-600x0.png
ほぼ毎日メイク動画を見ると答えた人が、全体の37.7%、また、全体の74.4%の人が、1週間に1回以上メイク動画を見ているという結果となりました。 多くの人が高い頻度でメイク動画を見ていることがわかります。


201506291206_12-600x0.png
昨年と比較し、メイク動画を見る時間が多くなったと答えた人が、全体の約半数という結果となっています。メイク動画に限らず、コンテンツが充実することで、動画視聴時間は今後も増加することが期待できます。

201506291206_13-600x0.png
メイク動画を視聴することで、メイク全体への興味・関心が高まり、実際にメイク動画を見た人の半数以上が、動画を参考にメイクをすることがわかりました。 また、使用アイテム(コスメ関連商品)を使ってみたいと思った人 72.3%、実際にアイテムを購入して使ってみた人 57.0%と、メイク動画が消費行動にも、大きく影響を及ぼしていることが判明しました。


201506291206_14-600x0.png
メイク動画を見ることで、使用アイテムを試したいと思った人が7割を超え、アイテムに対してポジティブな印象を持つという結果が出ました。また、アイテムを初めて知ったという人が約半数と、みんなのメイクが新しいアイテムに出会う場であることも伺えます。

調査の概要
− 調査対象:「みんなのメイク」(http://mutv.jp/)のモニター会員430名 (内 10 代~30 代 が 87.7%)
− 調査期間:2015年1月29日~2月9日
− 調査方法:インターネット調査

2943_ext_06_0.png