リサーチ
  • feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
Journal 2015/01/19

オプト、「今年の目標に関する調査」を実施  

オプト、「今年の目標に関する調査」を実施   ~今年の目標を「立てた」人は30%、「経済的・金銭的なこと」「健康・美容関連」が多い~ ~昨年「目標を立て、現在も覚えている」人は14%~ ~「目標設定・達成行動」は、年収や社会的ステータス、ポジティブな自己評価と関連~

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に、「今年の目標」に関する調査を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。
 

《トピックス》
1 今年の目標の設定状況
  • 30%が今年の目標を「立てた」
  • 目標の分野は男性「経済的・金銭的なこと」、女性「健康・美容に関すること」がトップ
  • 達成予想確率が低い「恋愛・結婚に関すること」
  • 目標達成のため「具体的に計画・努力している」人は32%
 
2 目標・達成と個人属性の関係
  • 昨年「目標を立て、現在も覚えている」人は全体の14%
  • 昨年「目標を立て、現在も覚えている」人は50代以上、経営者・管理職層に多い
  • 達成度が高いのは「趣味に関すること」、「恋愛・結婚」「勉強・資格」目標は低い
  • 「目標を達成できた」人が多いのは経営者・管理職層、高年収層、生活程度が高い人
  • 「自分自身にだいたい満足している」「自分にはけっこう長所がある」「生活は努力次第でよくなる」と考えているタイプの人で目標達成者が多い
 

 
調査の背景と目的
 株式会社オプトでは、現代の生活者の価値観や行動研究の一環として、昨年1年間の人々の目標の達成状況と、新年を迎えての目標設定状況について調査しました。調査結果の概要は以下のとおりです。
 
結果概要
1 今年の目標の設定状況
~30%が「立てた」、「経済的・金銭的なこと」「健康・美容に関すること」が多い~
 1月9日時点で、今年の目標をすでに「立てた」という人は30%。
 最も多いのは、「経済的・金銭的なこと」(「貯金」「節約」など)12%、次いで「健康・美容に関すること」(「ダイエット」「家族の健康」など)11%。
 
<今年の目標の設定状況>
Q あなたは、今年(2015年)の目標を何か立てましたか。立てた方は、当てはまる分野をチェックして具体的にご記入ください。(いくつでも)
201501191101_1.png


 
目標の分野 具体的な内容の例
経済的・金銭的なこと 貯金を増やす(男性20代)
出来るだけ無駄使いしない(女性60代)
今までより一層倹約、節約に力をいれる(女性60代)
無駄な支出を減らす(女性50代)
NISAで儲ける(女性20代)
ローンを繰り上げ返済する(女性30代)
無駄遣いをしない(女性40代)
収入U.P(男性60代)
資産を500万くらい増やしたい。(男性40代)
健康・美容に関すること 子どもの入園式までに痩せる(女性20代)
痛い足がよくなる努力をすること(女性50代)
年末までには2キロ痩せる(女性40代)
ダイエットする(女性30代)
足から年をとると言われるので、よく歩きよく寝て体重減少をと考えている(女性60代)
家族の健康(男性40代)
病気をしないで元気に過ごす(女性50代)
甘いものを控える(女性50代)
仕事に関すること 現在の担当部署で会社に貢献する(男性50代)
収入アップ(女性20代)
転職をする(男性20代)
新しい事業を展開する(女性40代)
さらなる技術の向上(女性30代)
動いていないプロジェクトの実行と成功(女性30代)
就職活動を成功させたい(男性20代)
15年ぶりに仕事をするので頑張りたい(女性40代)
趣味に関すること 読書量を増やす(女性40代)
DJをする(男性40代)
ゴルフの上達(男性50代)
楽器の練習。(女性30代)
アメリカ旅行をする(女性40代)
シフォンケーキを定期的に作る(女性20代)
山野草の写真を撮る。(男性60代)
家庭生活に関すること 料理を作る(女性50代)
1人息子の相手(男性30代)
家族と過ごす時間を増やしたい(男性50代)
生活でいらないものを処分したい(女性60代)
家庭円満(女性40代)
家事をきちんとやること(女性60代)
快適な家つくり(男性50代)
いらないものを片付ける(女性50代)
生活習慣に関すること 新しいことにチャレンジする(女性20代)
規則正しく(女性40代)
インターネットの時間を減らす(男性30代)
毎日ストレッチ(女性60代)
子供の事を考えた生活をする(女性30代)
今年1年以内に禁煙すること。(男性50代)
間食をやめて食生活を見直す(女性60代)
勉強・資格に関すること 毎日英語をがんばる。(女性50代)
中国語検定に合格する(女性30代)
食育関係の資格を取りたい(女性40代)
危険物取扱主任者試験合格(男性50代)
マンション管理士の資格取得(男性50代)
宅建合格(男性40代)
気象予報士をとる、TOEICの勉強を始める、伊・独・仏・西・露・中語の勉強を本格的に始める(女性20代)
恋愛・結婚に関すること 相手を見つけたい(女性30代)
恋愛(女性20代)
いい年なので結婚してみたい(男性30代)
彼女をつくる(男性40代)
好きな人を作る(女性30代)
今年も大事にする(男性20代)
彼女を作ること。(男性60代)
 
~女性、60代では「健康・美容に関すること」がトップ~
~20代では「恋愛・結婚に関すること」が3位にランクされる~
 
 今年の目標の分野を男女別にみると、男性では「経済的・金銭的なこと」(10%)がトップで、次いで「仕事に関すること」(7%)が挙げられている。女性では、「健康・美容に関すること」(15%)が最も多くなっている。
 年代別にみると、60代では「健康・美容に関すること」が17%にのぼりトップ。20代では、「恋愛・結婚に関すること」が3位にランクインしている。
 
<今年の目標の分野(上位3分野)>
201501191101_2.png


 ~今年の目標を他人に「話したり発表した」人は37%~
 今年の目標をたてた人のうち、目標を他人に「話したり発表した」人は37%で、63%は「特に話したり発表はしていない」。
 「家族や友人に話した」が30%と多く、以下、「書き初めや手帳などに書き記した」5%、「自分のブログで発表した」4%、「フェイスブックで発表した」3%、「ツイッターで発表した」2%などとなっている。
 
<今年の目標を話したり発表したか>
Q 今年(2015年)の目標について、他の方に話したり、発表しましたか。当てはまるものをいくつでもあげてください。
201501191101_3.png

 ~達成予想確率が低い「恋愛・結婚に関すること」~
 目標が達成できる確率はどのくらいだと思うかをたずねたところ、「勉強・資格に関すること」「趣味に関すること」「仕事に関すること」などは平均すると70%弱の達成予想であるのに対し、「恋愛・結婚に関すること」は52%と弱気な達成予想となっている。
 
<目標の達成予想確率>
Q 今年(2015年)の目標が達成できる確率はどのくらいだと思いますか。
201501191101_4.png

 
 
~目標達成のため「具体的に計画・努力している」人は32%~
 目標達成のために、「具体的に計画・努力している」人は32%で、「ばくぜんとは考えている」人が半数(54%)。
 
<目標達成のための計画>
Q 今年(2015年)の目標を達成するために、具体的な計画や努力などを考えていますか。
201501191101_5.png
 

 
2 目標・達成と個人属性の関係
~昨年「目標を立て、現在も覚えている」という人は14%~
~50代以上、経営者・管理職層に多い、昨年「目標を立てた」人~
 昨年「目標を立て、現在も覚えている」という人は全体の14%にとどまる。
 個人属性別にみると、目標を立てた人は50代以上(16~20%)、子どもがいる人(17%)、経営者・役員・管理職(18%)、個人年収400~599万円の層(21%)等に多くなっている。
 また、生活に「満足している」人、生活程度が「上、中の上」という人や自己肯定感の強い人、「生活は努力次第でよくなる」と考えている人などで、目標を立てた人が多くなっている。
 
<昨年(2014年)の目標>
201501191101_6.png
 
~達成度が高いのは「趣味に関すること」~
~「恋愛・結婚に関すること」「勉強・資格に関すること」は達成度が低い~
 昨年の目標について、全体では「80~100%」達成できたという人は36%にとどまる。
 「80~100%」達成できたという人が多い分野は「趣味に関すること」。
 一方、「恋愛・結婚に関すること」「勉強・資格に関すること」は達成度「0~40%」という人が多くなっている。
 
<昨年(2014年)の目標の達成度>
201501191101_7.png



 
~「目標を達成できた」人が多いのは経営者・管理職層、高年収層、生活程度が高い人~
~「自分自身にだいたい満足している」「自分にはけっこう長所がある」「生活は努力次第でよくなる」と考えているタイプの人で目標達成者が多い
 昨年「目標を立てて、80%以上達成した」人の比率をみると、経営者・役員・管理職(11%)、個人年収800万円以上(11%)、生活に「満足している」人(8%)、生活程度が「上、中の上」(10%)という人などで高い。
 また、「自分自身にだいたい満足している」「自分にはけっこう長所がある」「生活は努力次第でよくなる」と考えているタイプの人で目標達成者が多くなっている。
<昨年(2014年)の目標~80%以上達成した人>
201501191101_8.png
 

■調査概要
調査地域           :全国
調査対象           :満20~69歳の男女個人
調査方法           :インターネットリサーチ
有効回答数        :1,000人
調査日時           :2015年1月9日(金)~1月12日(月)
 
回答者のプロフィール
201501191101_9.png

 
 
※2013年12月より、オプトはリサーチ事業を開始。グループ間のデータを統合し、オプトグループのアセットを活用したマーケティングサービスを展開して参ります。